2017年09月30日

ジャニー喜多川が手がけた東京五輪開会式をキャスターとして中居正広が伝える夢を描く

1: チャチャ丸 ★@\(^o^)/ 2017/09/07(木) 11:12:54.88 ID:CAP_USER9.net

残留組のこれからはどうか。方向性は違ってしまったが、やはり初志貫徹してきた木村拓哉。
来年公開予定の、嵐の二宮和也との共演映画『検察側の罪人』はクランクアップ間近のようだ。

「別の映画撮影が始まるというのです。東野圭吾原作の『マスカレード・ホテル』という作品で、
『検察側〜』では検察役を演じましたが、またもやお堅い刑事役。
今年で45歳だけに、ラブストーリーからは完全に離れましたね」(ワイドショースタッフ)

また一部報道では、来年1月期のテレ朝系ドラマに内定ともいわれる。

「かつては10数社と契約するCMキングだった木村だが、今や国内では1社だけと激減。
レギュラーがラジオ番組だけなので、『スマスマ』が終了してからは、明らかに求心力が低下しています。
露出アップし続けることで話題作りをしていくのかも」(テレビ局関係者)

中居はジャニーさんとともにーー
そんな木村を尻目に、解散後も変わらず露出している中居正広。
脱退組を率いる“リーダー”だったはずが、翻意してまさかの残留を決めた。

「森且行も参加した、昨年末の焼き肉集会の時点で、すでにジャニーズは中居残留のための“誠意”を見せていたと思いますよ。
それを受けて4月、今度は中居が『スマステ』に出演した際に、香取を説得するも意思は変わらず、ということでしょうか。
以降の彼らは連絡を取り合うこともなく、訣別状態にあるという声も」(芸能プロ幹部)

ソロになった中居には、1月に『キリン氷結』のCM契約が転がり込み、
4月には『中居正広のミになる図書館』(テレビ朝日系)がゴールデンに格上げ、生放送になった。

「何でも生放送は中居さんのかねてからの希望だったそう。恩師であるタモリさんや、
中居さんを評価するみのもんたさんのように、いずれは帯番組の司会者をと考えているのでしょう。

同じくテレ朝では、大好きな野球に関連した長嶋茂雄さんの密着番組の放送も企画されているそうです。

皮肉にもSMAPが解散した今がテレビタレントとしていちばん充実しているのでは?」(テレビ局スタッフ)

また人一倍“野心家”だという中居だけに、まだまだ波乱を引き起こしそうだ。

「彼が残留を決めた一因に、育ててくれたジャニー喜多川社長への恩返しがあると聞きます。
そんなジャニーさんが熱心になっているのが'20年に開催される東京五輪。

プロモーターとしての集大成と考えているのだそう。ジャニーさんが手がけた五輪をキャスターとして中居さんが伝える。
そんな夢を描いているのかもしれないですね。
そして一線から退く社長とともにジャニーズ事務所を去る─。そんな気がしてなりません」(テレビ局幹部)

元メンバーらが進む道はいばら道か、それとも─。

週刊女性PRIME
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170906-00010539-jprime-ent


続きを読む
posted by まだおっち at 20:00 | Comment(0) | ジャニーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年09月29日

嵐・松本潤、一人の男としてどこを取っても格好良く映る真の魅力 役者歴20年

1: あちゃこ ★@\(^o^)/ 2017/09/14(木) 09:51:41.13 ID:CAP_USER9.net

 【取材雑感】嵐の松本潤(33)が、自身が主演を務めた映画の舞台挨拶でみせた姿は、トップアイドルではなく、
役者、一人の大人の男としての魅力を感じさせた。

 松本が主演を務めた映画『ナラタージュ』(10月7日公開)は、島本理生氏の同名小説を『世界の中心で、愛を叫ぶ』
などの作品で知られる行定勲監督が映画化したもので、ヒロインを女優の有村架純が演じ、妻を持つ高校時代の
演劇部顧問の葉山(松本)と再会した、泉(有村)との禁断の純愛物語。行定監督が構想に10年を掛けたという
渾身の作品だ。

 その完成披露試写会が去る8月23日に都内で開かれた。試写会前には、会場外に設けられたレッドカーペットで
ファンブリーディングも。タキシード姿でビシッと決まった松本。集まった報道陣の前までドレスアップした
有村の右手を取り、優しくエスコートする姿は紳士のそれ、そのもの。

 レッドカーペット上では、笑顔で集まったファンと交流。黄色い声援が終始収まることはなかった。

 舞台挨拶では、行定監督とプライベートで会ったことをきっかけに今回の出演が決まったエピソードも
明かされた。「行定監督の作品に出れるということが嬉しかったです」と喜んだ。

 一方で一人の役者として真摯な姿も。台本を初見した際、松本が演じる葉山の人物像がよく分からなかったという彼は
行定監督とプロデューサーに直接会い、話を聞いた。松本は「その時に葉山という人物を、こういう風に映したいと
言われた言葉が素敵で、演じることが楽しみになりました」と振り返った。

 松本は1999年に嵐としてデビューするよりも前に、1997年にTBS系の2時間ドラマ
『保険調査員 しがらみ太郎の事件簿 讃岐殺人事件』で、テレビドラマデビューを果たしている。
その年にはKinKi Kidsの堂本光一と堂本剛が主演を務め、話題を呼んだ『ぼくらの勇気 未満都市』に
嵐の相葉雅紀とともに初のドラマレギュラーとして出演しており、役者としても20年のキャリアを持つ。

 8月30日に、34歳の誕生日を迎えた。スタッフからサプライズでバースデーケーキが贈られ、
「いやいや、いいっすよ(笑)」とはにかむ姿も。ケーキには映画のタイトルと掛け、“ナラタージュン”という文字が
装飾されていた。

 松本は「まさか、タイトルと僕の名前でギャグができるなんてね」と言い、感心した様子。しかし、
写真撮影の際には「ン」の文字が取り除かれ、「ナラタージュ」に。「え!? それ取っちゃうの? まあ、そうだよね…」と
苦笑いするも、会場の笑いを誘った。

 行定監督からは「大人のかっこいい男だと思っています。正義感強すぎるほど強いので…かっこいい松潤で
いてくれればと思います」とベタ褒めされた。

 この日の取材では、普段のメディアを通して見る、嵐の松本潤とはまた違った、しかし、やはりどこを取っても
格好良く映る彼の魅力を、随所で見ることができた。【取材=松尾模糊】

ミュージックヴォイス
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170914-00010001-musicv-ent


続きを読む
posted by まだおっち at 20:00 | Comment(0) | 松本潤 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年09月28日

稲垣吾郎「芸能活動ずっと続けたい」…フリー初ラジオで語る

1: あちゃこ ★@\(^o^)/ 2017/09/14(木) 00:03:11.80 ID:CAP_USER9.net

 8日にジャニーズ事務所を退所した元SMAPの稲垣吾郎(43)が13日、文化放送
「編集長 稲垣吾郎」(水曜、後9・30)に出演。フリー後初放送で10月以降も番組を
継続することを正式に発表し、「芸能活動もずっと続けていきたい」と退社後の活動についても
初言及した。

 番組エンディングで「編集長ではなくて、稲垣吾郎からのお知らせがあります」と自ら
切り出した。ラジオを聴くファンから「今後の活動についてのもちろん心配とか、
番組は本当に継続されるんでしょうかみたいな、もうたくさんのお便りをいただいて」と
質問が集中したことを明かし、「1通1通、僕もちゃんと目を通させて頂いてたん
ですけれども、それに関しては本当に感謝の気持ちでいっぱいで、はい。この場を借りて、
お礼をいたします」と感謝した。

 10月期の継続が未発表だった番組については、
「10月以降ももちろん、継続させていただきますのでね。『当然、続けますよ』みたいな、
僕はテンションだったんですけれども」と継続を正式に宣言。
「皆さん心配してくださっているのを聞いたので。ちゃんと僕の口から、と思った」と
自身の言葉で伝えたかった思いを打ち明け、「皆さんが聴いてくださるんでしたら
番組は終わらないんでね、聴いてくださる方が少なくなると番組は終わってしまう。
応援していただきたいなと思います」と語りかけた。

 今後の意気込みも初めて語った。

 「本当に皆さんのそういう想いというか、気持ちというのは僕は一生忘れることなく、
芸能活動もずっと続けていきたいなと思っていますので、はい。僕の気持ちは充分皆さんに
伝わっていると思います。この番組ももちろんのこと、今後もよろしくお願いします」

 退所前の8月18日にフジテレビ系「めざましテレビ」のインタビューに、
「仕事欲が尽きることはない」と語っていた通り、タレント、俳優業を続けていく意向を
伺わせた。

 元SMAPの稲垣、草なぎ剛(43)、香取慎吾(40)は9月8日をもって
30年在籍したジャニーズ事務所を退所。草なぎと香取は10日放送のbayfm
「ShinTsuyo POWER SPLASH」内で退所について触れていた。

デイリースポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170913-00000148-dal-ent


続きを読む
posted by まだおっち at 20:00 | Comment(0) | 稲垣吾郎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする