2019年02月28日

タッキー社長の構想実現 ジャニーズJr.公式エンタメサイト3・1始動

1: 幻の右 ★ 2019/02/22(金) 05:06:28.95 ID:pTgqsX9G9.net

ジャニーズJr.公式エンタメサイト「ISLAND TV(アイランド・ティービー)」が誕生し、3月1日午後6時からスタートすることが21日、分かった。ファンとの距離感がグッと近づく新コンテンツで、今年1月に設立された、Jr.の育成に特化した関連会社「ジャニーズアイランド」代表取締役社長に就任した滝沢秀明氏(36)がかねて構想していたアイデアだ。

 目玉は何と言ってもコンサート生配信だ。3月23日のSixTONESの横浜アリーナ公演を皮切りに、同25日のSnow Man、同26日のTravis Japan(いずれも横浜アリーナ)と続々配信。チケットは即日完売しているが、「ISLAND TV」を開けば、世界中どこでもJr.たちの躍動を楽しめる。

 また、メンバー自身が日常的に撮影した動画をアップしていくチャンネルを開設。随時、撮れたての動画を更新し、楽屋や舞台裏、稽古や撮影の合間などの素の表情を、そのまま届ける。

 次世代を担うJr.の強化を打ち出している滝沢社長は、「ファンの皆さまとジャニーズJr.の日常がリンクし、一緒に成長を見届けて頂けるような、まさに笑顔が詰まったひとつの島−“アイランド”−です」と話す。

 新たなコンテンツの発足に、SixTONESのジェシーは「ジャニーズJr.だからこそできる事は沢山あると思うので、今までの経験を活かしていけるように頑張ります!」と意気込んでいる。

2/22(金) 5:01
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190222-00000003-dal-ent


続きを読む
posted by まだおっち at 16:28 | Comment(0) | 滝沢秀明 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

キムタクさん、人気が復活し映画の興行収入が40億円突破してしまう

1: 名無し募集中。。。 2019/02/26(火) 10:12:01.68 0.net

【2019年度 判明分】
*65.6 ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生(2/11時点)
*40.4 マスカレード・ホテル(2/24時点)
*39.0 ドラゴンボール超 ブロリー(2/4時点)
*37.7 シュガー・ラッシュ:オンライン(2/10時点)
*17.8 七つの会議(2/24時点)
*15.5 仮面ライダー平成ジェネレーションズ FOREVER(2/24時点)
*15.* 劇場版 Fate / stay night [Heaven's Feel] II. lost butterfly(2/19時点)
*14.3 十二人の死にたい子どもたち(2/24時点)
*13.9 アリー/スター誕生(1/27時点)
*12.7 アクアマン(2/24時点)
*12.4 グリンチ(1/13時点)
*12.1 映画 妖怪ウォッチ FOREVER FRIENDS(2/3時点)
*10.3 こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話(1/27時点)
*10.1 劇場版シティハンター 新宿プライベート・アイズ(2/24時点)


続きを読む
posted by まだおっち at 16:26 | Comment(0) | 木村拓哉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2019年02月27日

<木村拓哉>「風邪を引くということは大罪」と考えるワケ

1: Egg ★ 2019/02/24(日) 12:14:26.35 ID:Eao7QOXR9.net

俳優の木村拓哉(46)が24日放送のフジテレビ「ボクらの時代」(日曜前7・00)に出演。「風邪を引くということは大罪」と厳しい言葉で仕事に向かう姿勢について語った。

 この日は35億円を超える大ヒットを記録している映画「マスカレード・ホテル」の鈴木雅之監督(60)と共演の女優・長澤まさみ(31)とともにトークを展開した。

 木村はデビューのきっかけについて、親戚が履歴書をジャニーズ事務所へ勝手に送ってしまったことだったと説明。興味がなく3回断ったが、親戚に説得されて足を運ぶと「ジャニーさんっていう人がいるから」会うことになっていたという。「頭の中は外国人。で、(ジャニー社長らしき人が)いないんですよ、おじちゃんが一人いて…。“ジャニーさんってどの人ですか?”って聞いたら“僕だよ!”って」とジャニー喜多川社長(87)との出会いを回想。ジャニー社長からは「せっかく来たんだから、YOUやってっちゃいなよ!」と言われたそうで、長澤も「本当にYOUって言うんですか?」と興味津々。木村は「体動かすことは嫌いじゃなかったから、“何だこれ、おもしれえ”って思った」と初めてダンスをした時の心境を振り返った。

 木村の仕事をする上での転機は、16年に他界した演出家の蜷川幸雄氏(享年80)の舞台「盲導犬」への出演だった。初の舞台で初主演、ほぼ初めての演技という状態。「16歳の時に(ジャニー社長に)“YOU行こうよ!”って言われて行った青山の喫茶店に蜷川さんがいて“じゃあ、よろしくね!”って…」と当時を回顧。厳しい稽古で知られる蜷川氏だけに「(稽古は)大変どころじゃなかった。1カ月以上やったんですけど、ボロボロでしたね。悔しくて。結構、ドーンと落ちていた時に、桃井(かおり)さんがご飯に連れていってくれたりした」と先輩たちに助けてもらいながら、やっと乗り越えられた現場だったという。

 木村は「蜷川さんの現場を経験するまでは友達と遊んでいる方が楽しかった。新宿と渋谷をウロウロしていた。ナメていたんですよ」とバッサリ。「初めて舞台を経験して、本番が終わって、カーテンコールで拍手してもらって、初めて“来た!”って(思った)」と演技に目覚めた瞬間を思い返し、「あれができたのに、今、向き合っていることができないっていうのはないなって、いい物差しになっている」明かした。

 鈴木監督によると、木村は現場で台本を持たないという。木村は「テキトーにやる人、嫌いなんですよ。本当に嫌いなんです」とキッパリ。「友達というか、親友というか大先輩はそういう人ばっかり。(明石家)さんまさんもそうだし。本当に全力だし、それをアピールすることも一切ないし、ただただご本人が全力で、その現場でパフォーマンスしているのを僕ははたから見て“うわーっ”て思っている」と木村。「これは暑苦して、むさいことかもしれないですけど、僕が現場にいる条件はどの部分も、どのセクションも誰一人として90%の人がいちゃいけないと思う。体調が悪くなっちゃったりすること自体が100%じゃなくなっちゃう。だから、僕は風邪を引くということは大罪だと思う」と厳しい言葉も。「それは自分にもそうなんですけど…」と気を引き締めた。

2019年02月24日 11:31 スポニチ
https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/02/24/kiji/20190224s00041000121000c.html


続きを読む
posted by まだおっち at 16:35 | Comment(0) | 木村拓哉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする