2019年05月31日

嵐 NHK五輪・パラ“メインナビゲーター”決定、異例1年前から起用

1: 湛然 ★ 2019/05/31(金) 05:06:12.21 ID:V24nepme9.net

5/31(金) 5:00 スポニチアネックス
嵐 NHK五輪・パラ“メインナビゲーター”決定、異例1年前から起用
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190531-00000000-spnannex-ent

「NHK東京2020オリンピック・パラリンピック放送スペシャルナビゲーター」に就任することが決定した嵐
https://amd.c.yimg.jp/amd/20190531-00000000-spnannex-000-2-view.jpg


 2020年いっぱいでの活動休止を発表している嵐が、NHKの東京五輪・パラリンピックや五輪特番で“メインナビゲーター”を務めることが決定した。大会前から期間中にかけて、競技の魅力や感動を伝える役割を担う。

 同局によると、1年前からタレントを起用して大会を盛り上げる試みは極めて異例。「幅広い年代の方から支持があり、日本中が注目するイベントを応援していただければ」との思いからキャスティングが実現した。5人は「NHK東京2020オリンピック・パラリンピック放送スペシャルナビゲーター」の肩書で番組を引っ張っていく。

 まずは開会式1年前の7月24日に「2020スタジアム(仮)」と題した特番を放送。8月28日にもパラリンピックを特集する。20年1月からは「2020スタジアム(仮)」を月に1回“レギュラー化”。開催期間中も競技場や特設スタジオなどから5人が大会の感動を届けていく。

 現在、相葉雅紀(36)はNHK「グッと!スポーツ」で司会を担当。メンバーを代表して「大会までまだ1年以上ありますが、僕たち嵐がオリンピック・パラリンピックの魅力と感動を皆さんに最大限お伝えできるよう、精いっぱい務めさせていただきます」とコメントしている。

(おわり)


続きを読む
posted by まだおっち at 15:31 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

SMAP騒動から3年 KinKi Kidsが大ヒットの「ジャニーズ・エンタテイメント」が5月末で事業終了

1: ニライカナイφ ★ 2019/05/31(金) 04:52:49.55 ID:tyd/DjRf9.net

◆ SMAP騒動から3年 KinKi Kidsが大ヒットの「ジャニーズ・エンタテイメント」が5月末で事業終了

〈株式会社ジャニーズ・エンタテイメントは、本年5月31日をもちまして事業を終了させていただくことといたしました。
(中略)株式会社ジャニーズ・エンタテイメントの事業終了に伴い、株式会社ジェイ・ストームはJEレーベルの名称を譲り受け、6月1日より『ジャニーズ エンタテイメント(Johnny's Entertainment Record)』レーベルを発足させることといたしました〉

こう綴られた文書が5月下旬、各メディアに封書で届けられ、業界は騒然となった。
「ジャニーズ・エンタテイメント」は1997年2月、ジャニーズ事務所の関連会社として設立された。

立ち上げ直後にリリースしたKinKi Kidsのデビューシングル「硝子の少年」(同年7月リリース。山下達郎作曲、松本隆作詞)は100万枚超えの大ヒット。
現在は、少年隊、NEWS、ジャニーズWEST、中山優馬などが所属している。

「ジャニーズ・エンタテイメントはジャニーズグループ企業の中でも“核”と言える会社でした。
今回の事業終了の意味が重いのは、同社の代表取締役を務める小杉理宇造氏(71)がジャニーズの最前線から身を退くということです」(レーベル関係者)

 小杉氏はワーナーミュージック・ジャパンの代表取締役会長や、山下達郎や竹内まりやが所属する「スマイルカンパニー」の代表取締役社長などを務めてきた音楽業界の重鎮だ。

 ジャニーズの元所属タレントが話す。

「経営者としての手腕は事務所内でも有名でした。小杉さんのことはジャニーズJr.でもみんな知っていた。たまに現場にも顔を見せていたのですが、ジャニーズJr.のみんなからは怖いイメージを持たれていましたね。話すといい人なのですが、基本はコワモテ。そのイメージのせいで、小杉さんがいる現場は常にピリッとしていました」

「週刊文春」にSMAP分裂の内情を明かした小杉氏
 小杉氏がメディアに登場することはほとんどなかったが、2016年1月、SMAPの分裂騒動に際しては、「週刊文春」の誌面で実名インタビューに応じた。取材は、SMAPの緊急生謝罪がフジテレビ「SMAP×SMAP」で放送されたまさにその日の昼、1月18日(金)の正午から行われ、小杉氏はSMAPをめぐる内情を明かした。

「一度独立を表明した4人のメンバーが事務所に戻るには、当然条件があります。
まずは国民的スターの自覚もなく、曖昧な言動でファンや関係者にご迷惑、ご心配をかけたことを謝罪すること。
”内”に向けた謝罪も必要です。社長のジャニーをはじめ、事務所の社員にも許しを乞うこと。
さらに今回は木村君が残るという形でメンバーが4対1に割れてしまった。
寂しい思いをした木村君、大切な仲間である彼にも謝るべきだと申し入れました」(2016年1月28日号「週刊文春」より)

当時は木村拓哉以外の4人が一度は決意した独立計画を断念。
SMAPはかろうじて”空中分解”を免れるだろうという機運だった。
一連の“修復作業”にも小杉氏は大きく関係していた。

SMAPは結局2016年末をもって解散。
しかし、小杉氏は新時代のジャニーズにおいても、次期社長である藤島ジュリー景子氏の“後見役”を務めていくと見られていた。

「ジュリーさんの母親であるメリーさんも、社長のジャニーさんもそれを望んでいたはず。
“ジャニーズの番頭”とも呼ばれ、メリーさんが信頼を寄せていた役員・白波瀬傑氏も小杉氏のことを『小杉先輩』と呼んで、一目置いていた。
小杉さんが第一線を退くことに不安を感じているタレントは正直多いと思いますよ」(前出・元ジャニーズ所属タレント)

滝沢秀明氏が率いる「ジャニーズアイランド」の設立に続くように発表された、ジャニーズ・エンタテイメントの事業終了。
3年前のSMAP分裂前後から始まったアイドル帝国の“聖域なき構造改革”はさらに加速していく。

2019年5月30日 20時15分 文春オンライン
http://news.livedoor.com/article/detail/16542436/
http://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/9/9/994d8_1386_a565d6fde2ee015d6c49f8cea4332388.jpg


続きを読む
posted by まだおっち at 15:30 | Comment(0) | KinKi Kids | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

JUMPツアー中止で「脱退」「不仲」などの憶測飛ぶ事態に

1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/05/30(木) 18:29:32.58 ID:zTF5AuuE9.net

ロシアの首都モスクワの特徴のない、ごくありふれたホテルの一室に身を潜めている主人公。そこへ「助けに来た」と、見知らぬ男と女が順番に訪ねてくる。
アメリカの国家安全保障局の膨大な諜報活動を元職員が暴露した「スノーデン事件」がもとになった舞台『WILD』。
主人公を熱演したのは、Hey!Say!JUMP(以下、JUMP)の中島裕翔(25才)だった。

5月25日、スタンディングオベーションのなか、幕を下ろした東京公演の千秋楽。中島が会場となった「東京グローブ座」を後にしたのは、終演から2時間以上が過ぎてからだった。

「裕翔くんは最近、仕事場への出入りに非常に気を使っています」(舞台関係者)

その日中島は出待ちのファンが立ち去った後、周囲を気にしながら帰路についた。その表情は心なしか沈んでいた。

《会いたかった》、《年に1回の楽しみなのに》、《どうして? 涙が止まらない》、《なんのためにバイト頑張ってきたのかわからない》、《マナーを守っている人も巻き添えをくうなんて…》

5月19日、ネット上にはファンの悲鳴が飛び交った。JUMPがデビュー以来12年間続けてきたアリーナツアーの中止を突然、発表したからだ。

「中止の原因は一部の熱狂的なファンの迷惑行為が改善されなかったからだと説明されました。ただ、ファンの迷惑行為は何もJUMPに限ったことではありません。
JUMPファンからすれば“迷惑行為というのは口実で、まさか不仲や脱退が原因なのではないか”“まさか解散はないよね…!?”と不安の声が一気に広がった」(芸能関係者)

◆駆り立てられたファンの不安

発表1週間前の5月12日、一部のインターネットニュースで《「Hey! Say! JUMP」に不穏な動き》という記事が報じられた。

「木村拓哉さん(46才)、岡田准一さん(38才)に続いて俳優として注目を浴びる中島さんに“グループを脱退する動きがある”という内容です。
確かにドラマや舞台など俳優業に力を入れてはいますが、インターネットだけの記事で単なる噂だと思っていた
矢先に“ツアー中止”が報じられたので、ファンの不安が駆り立てられてしまいました」(前出・芸能関係者)

5月25日放送の『ミュージックフェア』(フジテレビ系)に山田涼介(26才)がソロ出演したことも不安を煽ったようだ。

「5月22日にJUMPの新曲『Lucky-Unlucky』が発売されたタイミングだったので、メンバー全員での出演かと思いきや山田くんのソロでした。
両A面のシングルとして山田くんのソロ楽曲『Oh! my darling』が収録されているのでおかしなことではないのですが、このタイミングですからファンの問い合わせもありました。
スタッフも何かあったのではないかと囁いていました」(テレビ局関係者)

 ソロ活動に力を入れるグループは、珍しくない。特にJUMPは大所帯グループという性質上、個々で活躍するメンバーも多い。

「JUMPのメンバーは9人とジャニーズのなかでもその数は最多です。
今、岡本圭人くん(26才)はアメリカ留学中ですが、ドラマに出ているメンバーなど仕事量や人気面での格差があるのも確か。
その格差が“不仲”を生み、修復不可能になっているからこそツアーができなくなったという人もいます」(前出・テレビ局関係者)

 実際、何が起きていたのか。

「解散なんて絶対にあり得ませんよ。ソロ活動も、もともと決まっていることで不仲というのもファンではない人の妄想でしょう。
正直なところ、単なる迷惑行為であればツアー中止をする必要はない。
つまり“警察沙汰”になるような、あまりにもひどい行為が続いたということです」(コンサート関係者)

※女性セブン2019年6月13日号

https://www.news-postseven.com/archives/20190530_1382143.html/2
2019.05.30 16:00  女性セブン


続きを読む
posted by まだおっち at 15:28 | Comment(0) | Hey! Say! JUMP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする