2020年06月30日

歌唱力が高いと思うジャニーズランキング

1: 幻の右 ★ 2020/06/23(火) 00:20:32.98 ID:rDqMdQJD9

ポップで明るい楽曲を歌っているイメージが強いジャニーズのアイドルたち。実はグループごとに楽曲のテイストが異なり、高度なテクニックを要する楽曲も多く存在します。そこで今回は、最も歌唱力が高いと思うジャニーズメンバーについて聞いてみました。

1位 堂本剛(KinKi Kids)
2位 大野智(嵐)
3位 長瀬智也(TOKIO)
⇒4位以降のランキング結果はこちら!
https://ranking.goo.ne.jp/column/6556/ranking/52670/

1位は「堂本剛(KinKi Kids)」!

伸びやかな歌声が特徴的なKinKi Kidsの堂本剛。1997年7月に『硝子の少年』でシングルデビューを飾って以来、シングル連続初登場1位を継続。ギネス記録を更新し続けています。堂本光一とのデュオならではの歌唱力はもちろんのこと、ジャニーズ事務所ではいち早くソロ活動を開始。ソロプロジェクト「ENDRECHERI」を掲げ、ファンクミュージックを軸に活動しています。伸びやかでブレのない歌声、感情を存分に込めたスタイルが特徴的です。

2位は「大野智(嵐)」!

ジャニーズタレントの歌のうまさでは常に名前が挙がる嵐の大野智。グループの中では音域の広さ、安定した歌声で嵐の楽曲を支えています。中音〜高音を担当することが多く、ビブラート、シャウト、時にはファルセットといった技法で歌声を操り、楽曲の世界へと引き込んでくれます。ダンスのうまさにも定評がある大野。歌とダンスが楽しめる大野のソロは必見です。

3位は「長瀬智也(TOKIO)」!

TOKIOのメインボーカルをつとめる長瀬智也。デビュー直前に、サポートメンバーとしてタンバリンを叩いていた長瀬が15歳にして急遽メインボーカルに抜てきされた逸話があります。長瀬の雰囲気たっぷりに歌い上げる姿には胸を打たれたファンも多いことでしょう。単独コンサートのほか、ジャニーズ事務所で初の夏フェスデビューを果たし、大盛況を博したことでも話題になりました。
ジャニーズでは、メンバーが作詞・作曲を手掛けたり、歌やダンス、弾き語りを得意とするメンバーがいたりさまざまなスタイルで聞く人を楽しませてくれます。ソロとしての歌唱力の高さや、ユニゾンだから出せる世界観など奥深い楽しみ方が多数。上位にランク・インした3人はもちろん、ジャニーズアイドルのソロ曲にはギャップを感じることも多く、必聴です!

このように、多方面から歌唱力が評価されているメンバーが上位にランク・インした今回のランキング。気になる4位〜53位のランキング結果もぜひご覧ください。
調査方法:gooランキング編集部が「Freeasy」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
有効回答者数:500名(20〜40代男女:複数回答)
調査期間:2020年4月30日〜2020年4月30日

2020年06月23日 00:00
https://ranking.goo.ne.jp/column/6556/


続きを読む
posted by まだおっち at 14:54 | Comment(0) | ジャニーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

長瀬智也、ジャニーズ事務所退所は回避不能 「山口を復帰させなければ来年春に契約終了だ」

1: 1号 ★ 2020/06/25(木) 15:17:33.29 ID:yEjTtgIJ9.net

2つの大きな問題

今年11月で満25周年を迎える「ザ!鉄腕!DASH!!」(日本テレビ系)が、存続の危機に立たされている。それも、早ければ“来春の改編期にも打ち切り”の可能性もあるとうのだ。日テレに近い番組制作会社の幹部A氏(仮名)が語る。

「この番組は現在、ふたつの大きな問題を抱えています。まずひとつは視聴率の低迷。ここ最近は裏番組である『ナニコレ珍百景』と『ポツンと一軒家』(ともにテレビ朝日系)に負けっぱなしで、特に『ポツンと―』には視聴率で5%以上も差をつけられることがあります。もうひとつの問題は、長瀬智也の退所問題。こちらも、もはや回避不能なレベルまでこじれているそうです」

そして、このふたつの問題に密接に関わっているのが、2018年に不祥事を起こしてジャニーズを追放された山口達也である。

「番組内で中心的な役割を果たしていた山口の離脱はあまりにも大きく、残されたTOKIOメンバーでもその穴は埋めきれませんでした。そのため一部の企画は簡略化したり凍結したりせざるを得ず、クオリティの低下が表面化。結果として視聴率にも影響が出た…というわけです。そのため、ジャニーズと番組サイドで話し合いが持たれ“TOKIOから後輩グループへの世代交代案”が一時検討されたとも言われています」

確かに、番組では2019年からジャニーズの後輩である草間リチャード敬太(Aぇ!group)や森本慎太郎(SixTONES)が助っ人としてレギュラー出演している。これは世代交代への布石だったのか。

「とはいえ、そもそも世代交代自体、無理のある話なんです。この番組に協力してくれる農家や漁師、学者といった人々は、TOKIOが何年もかけて信頼関係を築いてきた人ばかり。おいそれと交代させるわけにはいきません」


時間をかけて後輩を育成すれば何とかなるかもしれないが、そう悠長なことを言っていられない理由が、先述した長瀬の脱退問題だという。

「長瀬がジャニーズを退所する理由はただひとつ、音楽活動のためです。彼は山口が抜けて以来、TOKIOとして音楽活動をできなくなったことに強烈な不満を抱いており、その不満は友人たちとプライベートバンドを結成し、事務所に無断でライブに出演するといった形で現れています」

長瀬が友人であるバイク仲間らと覆面バンド「THE SISSY BARS」を結成し、とあるパーティーでパフォーマンスを行ったことは週刊誌にも報じられている。

「もともと長瀬は交友関係も広いし、ミュージシャンとしての実力も高く評価されていますから、もし自由に音楽ができるとなれば引く手数多でしょう。今の時代、音楽活動をやる上で必ずしもテレビに出る必要はありませんから“干される”といった心配もない。はっきり言って、彼にとってもはやジャニーズに残る理由などないのですが、他のメンバーのことを考え、山口の復帰をじっと待ち続けていたのです」

ところが、恩師であるジャニー喜多川氏の死と、TOKIOのリーダーである城島の結婚により、その思いにも変化が訪れたらしい。

「長瀬にとって“結婚=アイドルとして終わり”という感覚らしく、これでTOKIOに対する情熱はすっかり冷めたようです。事務所には“山口を復帰させなければ21年春に契約終了”と通告し、一歩も譲らない姿勢のようです」

“踏み絵”を用意された格好のジャニーズだが、解決策はあるのだろうか。

「ジャニーズとしては、25年間にわたって守ってきた『DASH』という利権は何としても手放したくありません。しかし、アイドルを扱っている以上、未成年の女性とスキャンダルを起こした山口を復帰させるわけにもいかない。ただ、差し迫っている現実として、山口を復帰させなければ番組の人気回復は望めないし、長瀬、ひいてはTOKIOまで失うことになる。そんなジレンマを抱えているわけです」

改編期に長瀬の退所問題、21年春はジャニーズとテレビ業界に大きな嵐が吹きそうだ。(ポン広尾)

2020.06.24
https://k-knuckles.jp/1/10424/2/
https://k-knuckles.jp/wp-content/uploads/01403.png


続きを読む
posted by まだおっち at 14:52 | Comment(0) | 長瀬智也 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ジャニーズJr.林翔太が一般女性と結婚「誰よりも早くファンの皆様にお伝えしたかった」Jr.も卒業と報告

1: ひかり ★ 2020/06/20(土) 18:23:28.07 ID:9hGzCyXi9.net

 ジャニーズJr.の俳優・林翔太(30)が20日、一般人女性と結婚したことをファンクラブ会員限定サイトに直筆メッセージで報告した。関係者によると、
この日、2人で東京都内の区役所に婚姻届を提出。約7年の交際期間をへてゴールインとなった。挙式・披露宴は未定。また、結婚をもってジャニーズJr.を
卒業することも重ねて報告した。

 「いつも応援ありがとうございます。本日は私、林翔太からご報告があります。この度、一般人女性と結婚させていただくこととなりました」。ジャニーズ事務所に
入所して20年目の区切りで結婚を決意したといい「ファンの皆さまには突然のことで驚かせてしまい、申し訳ございません。今がタイミングとして相応しいかどうか
迷いもありましたが、誰よりも早くファンの皆様にお伝えしたく、この度お伝えさせて頂きました」と記した。

 10歳のときにジャニーズ事務所に入所。08年に江田剛、山本亮太らとともにジャニーズJr.ユニット「They武道」のメンバーとなる。16年に同グループは6人組の
「宇宙Six」として生まれ変わった。林は18年3月に脱退し、ソロのJr.メンバーに。同年、ブロードウェー・ミュージカル「ロジャース/ハート」で
舞台単独初主演を務めた。

 以降、舞台を中心に活躍。ジャニーズ入所20年目の今年も、主演ミュージカル「EDGES―エッジズ―チームBULL公演」が4月から上演される予定だったが、
新型コロナウイルス感染拡大により中止となっていた。

 結婚を機にジャニーズJr.を卒業することも決意した。今までは「林翔太(ジャニーズJr.)」という肩書に甘えてきたが、今後はその看板がなくても
世に名をとどろかすミュージカル俳優を目指す。

 「僕はこれからもジャニーズ事務所のタレントとして今までと変わらず、そして今まで以上にファンの皆様に笑顔と幸せをお届けできるよう全身全霊で歌っていきますので
変わらぬ応援をよろしくお願い致します」と呼びかけた。

中日スポーツ

https://news.yahoo.co.jp/articles/0c57b8b018606cc5a6e247efde5c05650e4803a7


続きを読む
posted by まだおっち at 14:49 | Comment(0) | ジャニーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする