2020年09月19日

柳楽優弥、本当はジャニーズ志望…書類審査通っていた

1: 湛然 ★ 2020/09/17(木) 05:20:33.19 ID:CAP_USER9.net

柳楽優弥、本当はジャニーズ志望…書類審査通っていた
2020年9月17日(木) 04時30分 RBB TODAY
https://www.rbbtoday.com/article/2020/09/17/182220.html


 柳楽優弥が、16日放送の『TOKIOカケル』(フジテレビ系)に出演。ジャニーズ事務所の書類審査に通っていたことを明かした。

 柳楽は14歳のとき、主演映画『誰も知らない』で芸能界デビュー。すると同作が2004年度の「第57回カンヌ国際映画祭」で最優秀主演男優賞を受賞。これは日本人初の快挙で、しかも史上最年少での獲得となった。

 ここで城島茂が、「そもそも自ら俳優になりたいと思ったのか、それとも例えば身内が履歴書を送ったのか、どちらなのか」と質問。すると柳楽は「最初はジャニーズJr.のオーディションを受けさせてもらった」と答え、続けて「書類審査まで通ったんです」と明かした。

 初めて聞く話に城島が「この話って……?」と確認すると、柳楽は「初めて(話す)」と、初告白と明言。これには国分太一も「ジャニーズ事務所に応募したの!?」と驚き。松岡昌宏が「それで1次審査に合格して?」と問うと、柳楽は「(合格)通知が来たのが1年後だった」と説明し、「その時には今のスターダスト(プロモーション)に入って、仕事が始まっていた」と回顧。合格通知が届いたのは『誰も知らない』の撮影中だったそう。

 柳楽はその時の心境として「うわぁ〜そっかぁと思った」と、後悔も若干感じたと語りつつ、「僕の中では誇らしい(経歴)」と述懐。

(以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)


続きを読む
posted by まだおっち at 14:06 | Comment(0) | ジャニーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

チャンカパーナだけ踊らない男≠jAT‐TUN上田 堂本光一にイジられ自虐「練習してきます」

1: 爆笑ゴリラ ★ 2020/09/16(水) 22:46:21.45 ID:CAP_USER9.net

9/16(水) 21:44配信
東スポWeb

ジャニーズ事務所

 12日放送の音楽番組「THE MUSIC DAY」(日本テレビ系)のジャニーズシャッフルコーナーで、「NEWS」の「チャンカパーナ」を踊らなかったことで炎上したKAT‐TUNの上田竜也(36)が舞台上で自虐ギャグで笑わせた。

 堂本光一主演で現在、大阪・梅田芸術劇場で行われているミュージカル「Endless SHOCK‐Eternal‐」(〜10月12日)でのことだ。同ミュージカルでは毎回、光一演じるコウイチと、上田演じるタツヤがアドリブでセリフを交わすコーナーがある。

 16日の公演でのアドリブコーナーでは、コウイチが「チャンカパーナちゃんと踊れよ。オレはその方がいいと思うぞ」と振ると、タツヤは「じゃあ、ボク、チャンカパーナの練習してきます」と返し、会場が爆笑となった。

 先日の「THE MUSIC DAY」で、嵐の二宮和也、Kis―My―Ft2の二階堂高嗣、ジャニーズWESTの中間淳太らとともに「チャンカパーナ」のパフォーマンスをした際、上田はただ一人、ポケットに手を突っ込んでほとんど動かず、カメラに向かってメンチを切っていた。

 選曲が気に入らなかったのか、振り付けを覚えられなかったのか…。上田は真相を語っていないが、「Endless――」の大舞台で笑いにしたため、ファンは大喜びだった。

https://news.yahoo.co.jp/articles/f4278ba56c4698ab1d0165272fab1e4e19e2a21e


続きを読む
posted by まだおっち at 14:02 | Comment(0) | ジャニーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2020年09月17日

「THE MUSIC DAY」歴代最高17・7% 瞬間最高は「世界に一つだけの花」大合唱で20・9%

1: ひかり ★ 2020/09/14(月) 10:05:08.02 ID:CAP_USER9.net

 8時間に及ぶ日本テレビの大型音楽特番「THE MUSIC DAY〜人はなぜ歌うのか?〜」が12日に生放送され、第3部(後7・00〜同10・54)の平均世帯視聴率(ビデオリサーチ調べ、関東地区)が歴代最高となる17・7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが14日、分かった。個人視聴率は11・7%だった。

 前半の第1部(後2・55〜同4・30)は世帯11・7%、個人6・2%、第2部(後4・50〜同7・00)は世帯14・9%、個人8・4%だった。

 番組瞬間最高世帯視聴率は午後9時3、4分に記録した20・9%(個人は同時間に記録した13・4%)。番組恒例のジャニーズシャッフルメドレーPart2の後半で、嵐の二宮和也(37)や「KAT―TUN」の上田竜也(36)らがNEWSの「チャンカパーナ」を歌唱し、メンバー全員でSMAPの大ヒット曲「世界に一つだけの花」を大合唱する場面だった。

 今回はさまざまなコラボやカバーなどの企画を充実させたほか、9人組ガールズユニット「NiziU(ニジユー)」がテレビ初パフォーマンスを披露し、大きな話題に。2018年秋に「パニック障害」と診断されて同年11月から活動を休止していた「Sexy Zone」の松島聡(22)は復帰後初ステージとなった。

 そのほか、10月に行うライブをもって活動を終了し、改名して再出発することを発表しているアイドルグループ「欅坂46」がラストシングル「誰がその鐘を鳴らすのか?」を全力でパフォーマンスした。今年いっぱいで活動休止となる「嵐」もフル回転。オープニングからエンディングまで初もミリオンヒットとなった全5曲を披露したほか、おなじみのジャニーズシャッフルメドレー、同局に眠るグループも秘蔵映像などを通じて20年間を振り返るVTR企画「日本の20年 嵐の20年」など、さまざまな場面で登場し、番組を盛り上げた。

 総合司会は「嵐」の櫻井翔(38)が7年連続で担当し「人はなぜ歌うのか?」をテーマに総勢50組のアーティストたちが出演。今年は新型コロナウイルス感染防止のため、無観客で行われた。

<過去の平均世帯視聴率>

第1回(13年7月6日)第5部=14・5%

第2回(14年7月12日)第3部=16・0%

第3回(15年7月4日)第3部=15・7%

第4回(16年7月2日)第3部=14・2%

第5回(17年7月1日)第3部=12・8%

第6回(18年7月7日)第3部=14・9%

第7回(19年7月6日)第4部=16・3%

スポニチ

https://news.yahoo.co.jp/articles/9f827ac57630aeb4a499831551b5f12a4be673f8


続きを読む
posted by まだおっち at 15:28 | Comment(0) | ジャニーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする