2020年04月08日

堂本光一「独特の雰囲気」堂本剛「がむしゃらにやった」KinKi KidsがFNS歌謡祭を振り返る

1: 砂漠のマスカレード ★ 2020/04/06(月) 20:54:26 ID:LTGgR6EF9.net

4月4日放送の「KinKi Kidsのブンブブーン」(フジテレビ) で、堂本光一と堂本剛が出演した「2019 FNS歌謡祭」の特別編を放送。当時のシーンを振り返り、光一は「独特の雰囲気」、剛は「がむしゃらにやった」と後日談を明かす場面があった。

この日から放送時間が45分に拡大された同番組。前半は「帰ってきた!クイズこれ覚えてますか?」と題し、1年間の名場面をクイズ形式で振り返った。後半は「2019 FNS歌謡祭」の特別編として、出演シーンの映像を交えながら後日談を語った。

「2019 FNS歌謡祭」第一夜に出演した光一は、座長を務める『Endless SHOCK』の一幕を披露。劇場以外でのフライングは初で、戸惑いもあったという。「『SHOCK』をあの場でやるってどうしたらいいんだろうな。ミュージカル全般に言えることだけど、どの部分を抜き取ればその作品の良さが伝わるかっていうのが一番難しい部分だと思うので、じゃあ何を見せればいいんだろうっていうのが一番の最大の悩み」と明かした。

「MUGEN(夢幻)」の楽曲では、天井から吊るされている赤い布を腕に巻きつけ、腕力だけでフライングを行うが、会場の設備の都合で困難も多かったという。光一は「あそこまでやって頂いたっていうのが、俺的にはスタッフさんの努力っていうのがすごく嬉しかったですし、ただ、やる自分にとっては恥ずかしかったです」とスタッフへの感謝を述べた。

「フライング中に円卓を見てた?」と質問されると、「やっぱりさ、独特の雰囲気じゃない。『FNS(歌謡祭)で何飛んどんねん』っていうその目線がちょっと怖かった。でも、井上芳雄くんとかが盛り上げてくれて心強かった」と吐露。中山優馬との太鼓のシーンの舞台裏も明かし「エネルギー感じたとか、嬉しいコメントをいただいたので、すごい不安だったけどやってよかったなって思いました」と笑顔をみせた。

一方、第二夜に出演した剛は、堂本剛 FUNK同好会として、生放送中にFNS歌謡祭のオリジナルソングを作詞・作曲する企画に挑戦した。剛は「FUNKを作るってことだったんで、ドキドキはしてましたけれども、それもまたFUNKかなというところで自分を奮い立たせてがむしゃらにやったって感じでした」と回顧。ドラムの小藪千豊、ベースのくっきー!など、メンバーについても「期待にちゃんと応えてくれるハートとスキルがちゃんとあった人」「またセッションしたい」と称賛。

放送後にはミュージシャンからも反響があったといい、「FUNKを最後にもってきてあれやってること自体がすごいなって言ってました。なかなかないですよ、僕、テレビ出させていただいて、歌とか演奏とかさせてもらってますけど、こんな反響あったことあったかな?と思うぐらい反響があった」と語った。

SNSでは「放送時間が伸びて、みどころ満載だった」「FNSの名シーンがまた観れて幸せ」などの反響が寄せられていた。

「KinKi Kidsのブンブブーン」次回放送は4月11日ゲストに新木優子が出演予定。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200405-00229397-the_tv-ent
4/5(日) 11:10配信

https://www.youtube.com/watch?v=n8yNdND8uQY


愛されるより愛したい/KinKi Kids


続きを読む
posted by まだおっち at 15:14 | Comment(0) | KinKi Kids | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2019年06月15日

KinKi Kids解散の可能性は?ジャニーズから近々“重大発表”の噂が それぞれが己のアーティスト道をひた走り…

1: ニライカナイφ ★ 2019/06/11(火) 10:57:59.33 ID:AGbL+m4G9.net

◆ KinKi Kids解散の可能性は?ジャニーズから近々“重大発表”の噂が!それぞれが己のアーティスト道をひた走り…

 現在、芸能関係者の間で「6月中旬にジャニーズ事務所から何らかの“重大発表”があるらしい」という“噂”が広がっている。その“噂”について様々な憶測が飛んでいる状態だが、その中には「KinKi Kids」の解散説が含まれているという。
 KinKi Kidsは近年、ユニットとしての活動が縮小傾向にあり、毎年恒例だった年末年始のドーム公演も昨年は中止している。さらにはKinKi Kidsの所属する「ジャニーズ・エンタテイメント」の事業終了も重なるなど、ユニットに逆風が吹いている現状なだけに、ただの“噂”で片付けられないかもしれない。

 KinKi Kidsは堂本光一と堂本剛の二人組ユニット。「デビュー以来のシングル連続首位記録」のギネス記録を現在も更新しているなど、ユニットとして高い人気を誇っている。しかし最近は、光一は舞台活動に、剛もアーティストとして、お互いソロで活躍する機会が増えている。
 さらに2017年には剛が「突発性難聴」を発症。徐々に回復傾向にあるというものの、現在もライブ会場の音圧に耐えられない症状が残っているとして、2018年には1994年以来続けていた年末年始のライブツアーを中止している。

 そこに追い打ちをかけるように、KinKi Kidsの所属するジャニーズ・エンタテイメント(以下「JE」)が今年5月末で事業を終了した。
 JEといえば、KinKi Kids以外にも「NEWS」や「少年隊」、さらにはドラマの共演から誕生した亀梨和也と山下智久のユニット「修二と彰」など、多くのヒットソングを世に送り出したレーベルだ。しかしJEの代表取締役を務める男性の引退に伴って、レーベルとしても終了するのだという。

 JEの事業終了を受けてKinKi Kidsら所属アイドルは、「嵐」や「TOKIO」の所属する「ジェイ・ストーム」へ移籍したため、未所属が理由での活動休止とはならない。
 だが剛の耳の症状によっては、“ドクターストップ”による音楽活動の休止、さらには解散というルートも考えられるだけに、移籍をきっかけに状況が変わる可能性も否定できない。

 ジャニーズは近年、現役・元所属のアイドルの不祥事が次々と発覚し事務所の信頼度が低迷している。そんな中にあってKinKi Kidsは、問題を起こさず活動を続けており世間からの好感度も高く、事務所としては安心して任せられるユニットに違いない。
 そんなKinKi Kidsが解散となれば、事務所へのダメージは免れないだろう。“優等生ユニット”の今後の展開から目が離せない。

エンタMEGA 2019/06/10
https://entamega.com/18650


続きを読む
posted by まだおっち at 15:48 | Comment(0) | KinKi Kids | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2019年05月31日

SMAP騒動から3年 KinKi Kidsが大ヒットの「ジャニーズ・エンタテイメント」が5月末で事業終了

1: ニライカナイφ ★ 2019/05/31(金) 04:52:49.55 ID:tyd/DjRf9.net

◆ SMAP騒動から3年 KinKi Kidsが大ヒットの「ジャニーズ・エンタテイメント」が5月末で事業終了

〈株式会社ジャニーズ・エンタテイメントは、本年5月31日をもちまして事業を終了させていただくことといたしました。
(中略)株式会社ジャニーズ・エンタテイメントの事業終了に伴い、株式会社ジェイ・ストームはJEレーベルの名称を譲り受け、6月1日より『ジャニーズ エンタテイメント(Johnny's Entertainment Record)』レーベルを発足させることといたしました〉

こう綴られた文書が5月下旬、各メディアに封書で届けられ、業界は騒然となった。
「ジャニーズ・エンタテイメント」は1997年2月、ジャニーズ事務所の関連会社として設立された。

立ち上げ直後にリリースしたKinKi Kidsのデビューシングル「硝子の少年」(同年7月リリース。山下達郎作曲、松本隆作詞)は100万枚超えの大ヒット。
現在は、少年隊、NEWS、ジャニーズWEST、中山優馬などが所属している。

「ジャニーズ・エンタテイメントはジャニーズグループ企業の中でも“核”と言える会社でした。
今回の事業終了の意味が重いのは、同社の代表取締役を務める小杉理宇造氏(71)がジャニーズの最前線から身を退くということです」(レーベル関係者)

 小杉氏はワーナーミュージック・ジャパンの代表取締役会長や、山下達郎や竹内まりやが所属する「スマイルカンパニー」の代表取締役社長などを務めてきた音楽業界の重鎮だ。

 ジャニーズの元所属タレントが話す。

「経営者としての手腕は事務所内でも有名でした。小杉さんのことはジャニーズJr.でもみんな知っていた。たまに現場にも顔を見せていたのですが、ジャニーズJr.のみんなからは怖いイメージを持たれていましたね。話すといい人なのですが、基本はコワモテ。そのイメージのせいで、小杉さんがいる現場は常にピリッとしていました」

「週刊文春」にSMAP分裂の内情を明かした小杉氏
 小杉氏がメディアに登場することはほとんどなかったが、2016年1月、SMAPの分裂騒動に際しては、「週刊文春」の誌面で実名インタビューに応じた。取材は、SMAPの緊急生謝罪がフジテレビ「SMAP×SMAP」で放送されたまさにその日の昼、1月18日(金)の正午から行われ、小杉氏はSMAPをめぐる内情を明かした。

「一度独立を表明した4人のメンバーが事務所に戻るには、当然条件があります。
まずは国民的スターの自覚もなく、曖昧な言動でファンや関係者にご迷惑、ご心配をかけたことを謝罪すること。
”内”に向けた謝罪も必要です。社長のジャニーをはじめ、事務所の社員にも許しを乞うこと。
さらに今回は木村君が残るという形でメンバーが4対1に割れてしまった。
寂しい思いをした木村君、大切な仲間である彼にも謝るべきだと申し入れました」(2016年1月28日号「週刊文春」より)

当時は木村拓哉以外の4人が一度は決意した独立計画を断念。
SMAPはかろうじて”空中分解”を免れるだろうという機運だった。
一連の“修復作業”にも小杉氏は大きく関係していた。

SMAPは結局2016年末をもって解散。
しかし、小杉氏は新時代のジャニーズにおいても、次期社長である藤島ジュリー景子氏の“後見役”を務めていくと見られていた。

「ジュリーさんの母親であるメリーさんも、社長のジャニーさんもそれを望んでいたはず。
“ジャニーズの番頭”とも呼ばれ、メリーさんが信頼を寄せていた役員・白波瀬傑氏も小杉氏のことを『小杉先輩』と呼んで、一目置いていた。
小杉さんが第一線を退くことに不安を感じているタレントは正直多いと思いますよ」(前出・元ジャニーズ所属タレント)

滝沢秀明氏が率いる「ジャニーズアイランド」の設立に続くように発表された、ジャニーズ・エンタテイメントの事業終了。
3年前のSMAP分裂前後から始まったアイドル帝国の“聖域なき構造改革”はさらに加速していく。

2019年5月30日 20時15分 文春オンライン
http://news.livedoor.com/article/detail/16542436/
http://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/9/9/994d8_1386_a565d6fde2ee015d6c49f8cea4332388.jpg


続きを読む
posted by まだおっち at 15:30 | Comment(0) | KinKi Kids | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする