2017年10月15日

嵐・松本潤、蜷川幸雄から「この不感症が!」と言われて……

1: 湛然 ★@\(^o^)/ 2017/10/02(月) 05:24:20.97 ID:CAP_USER9.net

2017年10月1日(日) 10時11分

嵐・松本潤、蜷川幸雄から「この不感症が!」と言われて……

 1日に放送されたトーク番組「ボクらの時代」(フジテレビ系)で、嵐・松本潤が過去の挫折経験を語った。

 この日のゲストは、松本、さらには彼を主演にした映画「ナラタージュ」の行定勲監督、松本と交流があるロックバンド・RADWIMPSの野田洋次郎という3人。

 映画「君の名」主題歌「前前前世」のヒットで一躍有名になったRADWIMPSだが、行定から挫折経験を聞かれた野田は、部屋にずっとこもって3年かけて作ったアルバムが不発だったことを明かし、時代と切り離してモノづくりをしてはだめだと語った。

 続いて行定が松本に挫折経験を聞くと、2006年に主演した舞台「白夜の白騎士(ワルキューレ)」を挙げた。世間の評価とは裏腹に松本は「完敗。全然できなかった。足りなかったです」とすべての面で力不足だったことを実感したという。
さらに同作を演出した蜷川幸雄氏からは、「『この不感症が!』とめっちゃ怒られた」と明かした。

 ただ、行定監督からは初めて松本と飲み会で会ったとき、「彼が酔いながら『僕は監督が望むところに着地したいんです』『(行定)監督に呼ばれていないのはオレができてないからかな』と熱く語っていた」と暴露されていた。


https://www.rbbtoday.com/article/2017/10/01/154986.html


続きを読む
posted by まだおっち at 20:00 | Comment(0) | 松本潤 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年09月29日

嵐・松本潤、一人の男としてどこを取っても格好良く映る真の魅力 役者歴20年

1: あちゃこ ★@\(^o^)/ 2017/09/14(木) 09:51:41.13 ID:CAP_USER9.net

 【取材雑感】嵐の松本潤(33)が、自身が主演を務めた映画の舞台挨拶でみせた姿は、トップアイドルではなく、
役者、一人の大人の男としての魅力を感じさせた。

 松本が主演を務めた映画『ナラタージュ』(10月7日公開)は、島本理生氏の同名小説を『世界の中心で、愛を叫ぶ』
などの作品で知られる行定勲監督が映画化したもので、ヒロインを女優の有村架純が演じ、妻を持つ高校時代の
演劇部顧問の葉山(松本)と再会した、泉(有村)との禁断の純愛物語。行定監督が構想に10年を掛けたという
渾身の作品だ。

 その完成披露試写会が去る8月23日に都内で開かれた。試写会前には、会場外に設けられたレッドカーペットで
ファンブリーディングも。タキシード姿でビシッと決まった松本。集まった報道陣の前までドレスアップした
有村の右手を取り、優しくエスコートする姿は紳士のそれ、そのもの。

 レッドカーペット上では、笑顔で集まったファンと交流。黄色い声援が終始収まることはなかった。

 舞台挨拶では、行定監督とプライベートで会ったことをきっかけに今回の出演が決まったエピソードも
明かされた。「行定監督の作品に出れるということが嬉しかったです」と喜んだ。

 一方で一人の役者として真摯な姿も。台本を初見した際、松本が演じる葉山の人物像がよく分からなかったという彼は
行定監督とプロデューサーに直接会い、話を聞いた。松本は「その時に葉山という人物を、こういう風に映したいと
言われた言葉が素敵で、演じることが楽しみになりました」と振り返った。

 松本は1999年に嵐としてデビューするよりも前に、1997年にTBS系の2時間ドラマ
『保険調査員 しがらみ太郎の事件簿 讃岐殺人事件』で、テレビドラマデビューを果たしている。
その年にはKinKi Kidsの堂本光一と堂本剛が主演を務め、話題を呼んだ『ぼくらの勇気 未満都市』に
嵐の相葉雅紀とともに初のドラマレギュラーとして出演しており、役者としても20年のキャリアを持つ。

 8月30日に、34歳の誕生日を迎えた。スタッフからサプライズでバースデーケーキが贈られ、
「いやいや、いいっすよ(笑)」とはにかむ姿も。ケーキには映画のタイトルと掛け、“ナラタージュン”という文字が
装飾されていた。

 松本は「まさか、タイトルと僕の名前でギャグができるなんてね」と言い、感心した様子。しかし、
写真撮影の際には「ン」の文字が取り除かれ、「ナラタージュ」に。「え!? それ取っちゃうの? まあ、そうだよね…」と
苦笑いするも、会場の笑いを誘った。

 行定監督からは「大人のかっこいい男だと思っています。正義感強すぎるほど強いので…かっこいい松潤で
いてくれればと思います」とベタ褒めされた。

 この日の取材では、普段のメディアを通して見る、嵐の松本潤とはまた違った、しかし、やはりどこを取っても
格好良く映る彼の魅力を、随所で見ることができた。【取材=松尾模糊】

ミュージックヴォイス
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170914-00010001-musicv-ent


続きを読む
posted by まだおっち at 20:00 | Comment(0) | 松本潤 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年09月11日

嵐・松本潤にCM降板が相次ぐ異変?急速に好感度を失ってしまった背景

1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2017/09/04(月) 11:56:12.24 ID:CAP_USER9.net

嵐・松本潤(34)が、セクシー女優・葵つかさ(27)との密会疑惑を報じられたのは昨年末のこと。
井上真央(30)と交際する傍ら、隠れるように葵と関係していたことが伝えられ、ファン離れが心配されていた。
衝撃の報道からおよそ9か月。このスキャンダルは嵐のグループ全体にも影響が出ているという。

10月に主演映画の公開を控え、すでに来年1月期の連続ドラマ『99.9-刑事専門弁護士』(TBS系)への再登板も決まっている松本。
仕事は順調に見えるが、メンバー5人で出演していた『キリン一番搾り』の契約が終了したほか、
松本は赤ちゃん用オムツのCM『GOO.N』も降板となり、このところグループと個人のCMが計2本も立て続けに終了してしまった。

CM契約は芸能人の好感度を計るバロメーターでもある。かつての人気者はなぜこうも急速に好感度を失ってしまったのか。
CMを失った背景について、ジャニーズに詳しい芸能記者は「葵との密会報道の余波」だと指摘する。

「葵がバラエティ番組で、松本を示唆するかのように『パンツの臭いを嗅いでくる』と答えたことで視聴者が騒然としたことがある。
ネット上ではこの過激コメントが松本のオムツのCMと結び付けられるなど厳しい声が飛んだ。松本のイメージ急落はクライアント企業も看過できなかったのでは」

松本と『GOO.N』のCM契約をめぐっては、週刊女性(主婦と生活社)が広告代理店関係者の話として、今年の6月で契約満了したと伝えている。
しかし、実際には最近までCMは流れ、熱心なファンは安堵。
松本は『GOO.N』の発売元であるエリエールの箱ティッシュ「エリエール+Water」のCMにも登場しており、
この時はジャニーズの公式サイトにも出演情報が載っていたというが……。

■松本潤の便乗商法に乗り出す神社も出現

前出の芸能記者が語る。

「どうやらエリエールとの契約は8月いっぱいだったようで、ついにジャニーズのサイトからエリエールの表記が消滅しました。
これにより、松本は一番搾りとオムツのCMを両方失ったことが確定。
いずれも降板を希望・予測する声が多く出ていただけに、葵の件が無関係とは思えません」

そんな松本は誕生日を迎えたばかりで、京都にある「松本神社」は松本の誕生日にちなんで絵馬を販売した。
彼のイメージカラーである紫を使用したデザインになり、ファンの間では「チケット祈願絵馬」とまで呼ばれ、
購入を求める人が殺到したという。もはや紛れもない“便乗商法”で、さすがに松本本人もいい気はしないだろう。

相次いでCMを失い、便乗商法にも名前を使われ、まさに踏んだり蹴ったりの松本潤。これは信頼するファンを裏切った”罰”なのかもしれない。

http://dailynewsonline.jp/article/1351342/
2017.09.04 11:40 デイリーニュースオンライン


続きを読む
posted by まだおっち at 20:00 | Comment(0) | 松本潤 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする