2019年10月04日

城島結婚にメンバー歓喜!国分「ついに!」松岡「やっと肩の荷が」長瀬「自分だけの体ではない」

1: ひかり ★ 2019/09/28(土) 16:47:50.64 ID:h3HjLDzk9.net

 ファンクラブサイトを通じて結婚することを発表した、TOKIOのリーダー城島茂(48)が28日、都内で会見を行った。リーダーのゴールインに、
メンバーがそれぞれ「おめでとう」「末永くお幸せに」など、祝福のコメントを寄せた。

 ▼国分太一(45) ついに結婚しましたか!城島さんとの出会いはお互い10代のころ。今はお互い40代。城島さんの結婚をお祝い出来るなんて

想像もつきませんでした。これからは家族をそしてTOKIOも引っ張っていってくださいな!いやーめでたい!

 ▼松岡昌宏(42) これでやっとメンバーも肩の荷がおります!良かった!本当に良かった!!末永くお幸せに…おめでとうございます!

 ▼長瀬智也(40) この度は、御結婚おめでとうございます。25年間一緒にやって来ましたがこんな嬉しい報告はありませんでした。これからは
自分だけの体ではないので無理しないように、健康には気を付けて愛を育んでください。末永くお幸せに。

スポニチ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190928-00000183-spnannex-ent


続きを読む
posted by まだおっち at 15:18 | Comment(0) | TOKIO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2019年09月26日

『鉄腕DASH』絶滅危惧種ラッシュに驚愕 「向こうから会いに来てる」説も

1: 朝一から閉店までφ ★ 2019/09/16(月) 12:58:56.04 ID:kp27Pn7b9.net

ホタルを求めて秘密の里山に向かった城島茂と国分太一。そこに待っていたのは…

エンタメ2019/09/16 06:00
佐藤 俊治


15日放送の『ザ!鉄腕!DASH!!』(日本テレビ系)で、絶滅危惧種が次々と姿を現すシーンがあり、驚きの声が広がっている。





■秘密の里山に向かう

城島茂と国分太一、そして専門家の川上先生は新宿ベース基地にホタルを呼び戻すために生息地の環境を見ておこうということで、都内某所の「ホタルの楽園」へ。そこは詳細を明かすことができない「秘密の里山」だそう。

2人はその長閑で自然の美しい里山に「トトロの世界だよ」「都内にこんなところがあったとは」と驚きの声を上げる。







■絶滅危惧種ラッシュがスタート

ここから絶滅危惧種ラッシュがスタート。最初に出会ったのは、シュレーゲルアオガエル。城島はそれを見るなり、「懐かしい」とつぶやく。『鉄腕DASH』で生物と触れ合うTOKIOだけに、見たことがあったのだ。

次に姿を現したのはマルタニシ。国の絶滅危惧種で、田んぼや水路に溜まった藻などの汚れを掃除する生物で、川上先生によると、昭和の食通で漫画『美味しんぼ』に登場する海原雄山のモデルとなった北大路魯山人が亡くなる原因という説もあるのだそうだ。
https://sirabee.com/2019/09/16/20162163463/

次ページ
■カヤネズミに遭遇
https://sirabee.com/2019/09/16/20162163463//2/


続きを読む
posted by まだおっち at 16:04 | Comment(0) | TOKIO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2019年08月04日

<国分太一>奮闘する松岡昌宏をイジり倒して「お前が言うな!」と非難殺到

1: Egg ★ 2019/07/04(木) 19:21:41.92 ID:tFNPtvTa9.net

6月30日に放送されたTOKIOの冠番組「ザ!鉄腕!DASH!!」(日本テレビ系)でのTOKIO・松岡昌宏の“頑張り”が番組ファンの間で話題となっている。

 この日の放送では松岡と国分太一が静岡県の溜池を訪れ、指を噛み切るほどの力があるという凶暴なカミツキガメの駆除をするロケの模様を放送。

 まず松岡らが実践した捕獲方法はカミツキガメが潜んでいそうな水中にある横穴に手を入れてチェックするというもので、松岡は臆することなく、穴に手を突っ込んでいた。

 しかし、手を入れた先にカミツキガメが正面から迎え撃っていたとすれば、噛まれるリスクもある危険な方法とあって、国分は「凄いな松岡」と松岡の勇姿を絶賛していた。

「ロケに同行していた爬虫類ハンターの加藤英明氏は番組の撮れ高を考えて、松岡らがビビる様子が撮れるように川の中には松岡が苦手とする蛇がいるという情報を松岡に伝えていたものの、松岡はそれにも動揺せずに必死にカミツキガメを捕獲しようと頑張っていました。番組では松岡がここまで頑張る理由として、同企画でレギュラー出演者になりつつある関ジャニ∞の横山裕がめざましい活躍を見せていること指して、後輩には負けられまいと対抗心を燃やしているからと紹介されていました。それでも危険を顧みずに穴の中にガンガン腕を入れる松岡の姿には視聴者もシビれたようですね」(エンタメ誌ライター)

 その一方で、逆に一部ファンの間でこの日の放送の言動を非難されたのが国分だ。

「川を歩いている際、松岡が何かを踏んでしまったことで『うわぁ〜』『なんかいる』と叫び、驚きのあまり後ろに倒れ込んでしまう場面がありました。倒れた後に松岡は『カミツキガメか分からないけど、バタバタって』と興奮気味に自身が接触した生物について説明していましたが、そんな松岡の姿を見た国分は冷静な口調で『松岡…今のはカッコ悪い。お前らしくない。うわぁ〜って』と、言い放っていました。その後も国分はしつこく松岡のビビった様子をネタにしていたため、途中、松岡もイラっときたのか『じゃあ行ってみろって!なんかいるから!!』と、謎の生物がいたスポットに国分の体を手で押していました。

 確かに松岡はかなりビックリした様子でしたが、果敢にトライしていましたから、それをそこまで活躍していない国分が茶々を入れたことには視聴者もイラっとしたようで、ネット上には『何もしてないお前が言うなよ』『国分は相変わらずうざいな』『国分と横山を入れ替えればいいだけじゃん』など、国分を非難する声が多数見られていました。この番組で重要視される農業の知識やサバイバル力に関しては他のメンバーに劣っている部分がある国分は過去にも何もしていないと叩かれることがありましたが、今回の働きぶりかつ奮闘が目立った松岡をイジッたことに思わず反感を抱いた視聴者が多かったようですね」(前出・エンタメ誌ライター)

 口先だけではない働きぶりを過去回で見せていた横山に松岡が危機感を抱くのも無理はないが、国分こそ危機感を持つべきかもしれない?

アサジョ 2019年7月4日 18時14分
https://news.infoseek.co.jp/article/asajo_74888/


続きを読む
posted by まだおっち at 17:00 | Comment(0) | TOKIO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする