2019年02月23日

山下智久に“初対面でタメ口”をきいた後輩ジャニーズは誰!?

1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/02/15(金) 21:14:10.04 ID:VBKAvvIZ9.net

漫画誌「イブニング」で連載中のミステリー漫画「インハンド」がTBS系で連続ドラマ化されることが発表された。主役の天才科学者を演じるのは山下智久。

山下は1月25日に公開された映画「サイバー・ミッション」で、初の海外進出を果たしている。また初めて悪役に挑戦。役者として演技の幅を広げている。

そんな山下といえば、小学生でジャニーズに入所した当初から飛び抜けた“かわいさ”から、昨年末で芸能界を引退した滝沢秀明をはじめ、多くの先輩ジャニーズJr.から寵愛を受けた。
当時からスターのオーラを放ち、王子様路線まっしぐら。ところがそんな山下に対して初対面にもかかわらず「タメ口」をきいた不届き者がいた。

「Kis-My-Ft2の北山宏光です。グループ最年長の北山は、25歳でようやくデビューした遅咲き。
それまでのデビュー最年長記録だったV6・坂本昌行の24歳を更新しました(その後、A.B.C-Z・五関晃一が26歳で再び更新)。
そんな北山は、高校が山Pと一緒。初めて会ったその日に、『電話番号を教えてよ』と言ったそうです」(アイドル誌ライター)

学生時代の北山はサッカー少年。中学生時代はサッカーでインターハイに出場しており、その推薦で堀越高等学校の体育コースに入学した。
堀越といえばアイドル校で知られるが、実はサッカーやテニス、野球などのスポーツ強豪校でもある。

練習三昧でジャニーズに詳しくなかった北山は、クラスメイトの妹が山下の大ファンであると聞いて、初めて校内に現役のジャニーズがいることを知った。
そして、トレイトコース(芸能)だった山下に、いきなり連絡先を聞いたというわけだ。もちろん、この頃の北山はジャニーズに入所しておらず、ただの一般人だ。

「そのころの堀越は豪華で、俳優の城田優や小池徹平もいました。
結局、その妹さんの推薦でジャニーズに履歴書を送付した北山は、偶然サッカーの練習がなかったので、オーディションに参加。
サッカー漬けで肌が真っ黒だったため、会場にいたおじさんから『日サロ?』と聞かれたそうです。
もちろん、そのおじさんがジャニー喜多川社長だったというオチがつきます(笑)」(前出・アイドル誌ライター)

オーディションは一発合格したものの、ジャニーズJr.研修生という扱い。
それでもじっくり時間をかけてデビューにこぎ着けたのだから、運は北山に味方したわけだ。

そんな北山率いるキスマイは今春、サンドウィッチマンと共演中の実験バラエティ番組「10万円でできるかな」(テレビ朝日)が、ゴールデン帯レギュラーに昇格。グループ初のゴールデン進出になる。

一方の山下も同じクールで、先に紹介したドラマ「インハンド」(TBS系)で主演を務める。

山下と北山。同じ4月期クールの競演は、期待大だ。

http://dailynewsonline.jp/article/1693580/
2019.02.15 18:15 アサジョ


続きを読む
posted by まだおっち at 20:00 | Comment(0) | 山下智久 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2019年02月18日

山下智久、新曲が不発に思える理由と「男性ソロアイドル」の厳しい現状

1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/02/16(土) 23:46:30.49 ID:EWjmHvC+9.net

5年半ぶりとなるシングル『Reason/Never Lose』をリリースした山下智久。

【写真】赤西仁とプライベートで会う山P、週刊女性の直撃に笑顔を見せる山P

昨年は主演映画『コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』の興行収入が92億円を超え、年間ナンバーワンヒットを記録。
人気の健在ぶりを印象付けた山下だが、今回のシングル発売初日のオリコンデイリーチャートでは、3万7000枚超で3位となった。

ちなみに1位はSTU48、2位はハロー!プロジェクトのアイドルグループJuice=Juiceだった。

ソロアイドルには厳しい時代

「かつてKAT-TUNの亀梨和也と『修二と彰』名義でリリースした『青春アミーゴ』は、ミリオンセラーの大ヒットでした。また、ソロ第1弾の『抱いてセニョリータ』も80万枚超え。

香取慎吾と組んだ『MONSTERS』や、一昨年に再び亀梨と組んだ『亀と山P』も話題になりました。昨年リリースのアルバムはオリコンで週間1位を獲得していますが、
今回のシングル発売は、『コード・ブルー』の勢いを味方にしているにも関わらず、順位も枚数も物足りない印象があります」

というのは、ある芸能記者。さらに続ける。

「とはいえ女性アイドルも、ソロでのシングルヒットを出せる人は、近年ほとんどいません。グループだと、メンバーそれぞれのファンによる合算で売り上げをあげる側面があるので、ソロのアイドルは厳しい時代なのかもしれません」

ジャニーズのタレントも、古くは郷ひろみや川崎麻世、さらに田原俊彦に近藤真彦など、昭和の時代はヒットを連発するソロシンガーが数多く存在した。

平成以降も、先にあげた『抱いてセニョリータ』や、元SMAPの香取慎吾が“慎吾ママ”名義でリリースした『慎吾ママのおはロック』、近藤真彦の『ミッドナイト・シャッフル』などヒット曲は存在するが、昨今のソロでの大ヒットは、ほぼ存在しない状態である。

「シングルヒットというと、滝沢秀明の『愛・革命』や堂本剛の『街』、山田涼介の『ミステリーヴァージン』あたりが目立ったところでしょうか。

TOKIOの長瀬智也が“桜庭裕一郎”名義で歌った『ひとりぼっちのハブラシ』や、嵐の大野智の“怪物くん”名義で歌った『ユカイツーカイ怪物くん』なども知られています。

近年は中山優馬やKAT-TUNの中丸雄一・上田竜也のように、配信オンリーとなるリリースも増えてきています」(前出・芸能記者)

では、アーティストとしての山下の需要は低いのだろうか。あるスポーツ紙記者が言う。

「アーティストとしての山Pは、特に2012年にワーナーに移籍してから、海外の最先端の流行を取り入れるなど、売り上げよりも自分のやりたい音楽をやるという印象が強いです。
俳優業への考え方と音楽は、完全に別物なのでしょう。これは各グループを脱退した、赤西仁や渋谷すばるのソロ、堂本剛のソロプロジェクトなども同様のスタイルですよね」

山下は昨年、ソニー・ミュージックエンタテインメント(SME)と契約し音楽活動を再開したばかり。
昨年11月リリースのアルバムは、チャート1位を記録しており、決して彼の需要が低くなったわけではないという。

「多くの特典やイベント、歌番組でのプロモーションもほとんどない単独のアイドルとしては、十分な数字だと思います。
音楽的志向を前面に押し出すタイプではありませんが、好きなことをやるプロジェクトとしてとらえれば、売り上げや順位は問題ではない。

映画やドラマはヒットするのに、CDがあまり売れていないような印象を受けるのは、まだまだ山Pのアイドル色が強いせいなのかもしれません」

脱アイドルの難しさ、である。

<取材・文/渋谷恭太郎>

*文中にオリコンチャート1位はHKT48とありましたが、正しくはSTU48でした。訂正して、お詫び申し上げます(2019年2月16日22時50分修正)

http://news.livedoor.com/article/detail/16031875/
2019年2月16日 21時0分 週刊女性PRIME


続きを読む
posted by まだおっち at 15:57 | Comment(0) | 山下智久 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2018年10月21日

今度は山Pの腕にひっかき傷!?度重なるジャニーズファンの「問題行動」

1: 砂漠のマスカレード ★ 2018/10/10(水) 18:57:17.20 ID:CAP_USER9.net

落ち着くどころか、さらに行動がエスカレート!?

ジャニーズの新人グループ・King & Princeのメンバーが乗車する新幹線にファンが殺到して、新幹線に遅れが出るという騒動が先月、仙台駅にて発生。
集まったファンの中には駅員の注意を無視して、新幹線の窓に張り付いて中の様子をうかがったり、手すりによじ登ったりする者もいたという。
また、一般客として新幹線に乗車した小学女児がファンに倒されて数カ所打撲しており、女児の家族は警察に連絡済みということで傷害罪が適用される可能性もあるそうだ。

この騒動はテレビ番組でも紹介されただけに、ジャニーズファンの間でも一部のモラルのないファンに対する嫌悪感が高まっているのが現状だ。
しかしながら、またしても一部ファンの暴走行為でタレントがケガを負うアクシデントが起きてしまったようだ。

「山下智久は2日に『TOMOHISA YAMASHITA LIVE TOUR 2018 UNLEASHED −FEEL THE LOVE−』の大阪公演を開催していますが、
山下が客席に下りる演出でファンにもみくちゃにされてしまうというハプニングが起こっています。
その際も一部の観客が座席を離れる大移動が起きていましたので、山下がいる場所に人が集まり過ぎてしまったのもありますが、
山下の腕には引っかかれてできたとみられる傷ができていたという投稿がツイッター上で複数確認されています」(エンタメ誌ライター)

そのため、ファンからも「客席の民度低すぎる」「山Pがかわいそう」
「タレントが観客席に来るような演出がなくなったらどうするの」など、暴走するファンへの怒りの声が多数見受けられている。

「山下自身もこうしたひっかき傷を負うことは初めてではなく、以前にはテレビ番組でその引っかき傷を見せて、ファンに爪を切るように促していたこともありました。
そういった過去があるだけにマナーを守ってライブを楽しんでいるファンがやるせない気持ちになってしまうのは無理もないです」(前出・エンタメ誌ライター)

さらにHey!Say!JUMPが7日に新潟でのコンサートを終え、新幹線で東京駅に戻った際も、
マナーの悪いファンが目立っており、メンバーや駅を利用していた一般人に迷惑をかけていたという情報が拡散されている。

こういったトラブルが続くと、今後イベント自体が中止となってしまう可能性もあり得るだけに、心当たりのあるファンはもう少し重く受け止めてほしいところだ

http://dailynewsonline.jp/article/1537686/
2018.10.10 18:15 アサジョ


続きを読む
posted by まだおっち at 20:00 | Comment(0) | 山下智久 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする