2020年03月21日

堂本光一主演「Endless SHOCK」20日の公演再開を急きょ中止 専門家会議の発表を受け

1: ひかり ★ 2020/03/20(金) 11:16:28 ID:OsyAE68j9.net

 きょう20日から再開を予定していた「KinKi Kids」堂本光一(41)の主演ミュージカル「Endless SHOCK」(東京・帝国劇場)の18時の公演が
急きょ中止となった。製作する東宝が発表した。

 この決定は19日の新型コロナウイルス感染症対策専門家会議の発表を受けてのもので、「総合的に判断した結果、本日3月20日18時の公演を急きょ
中止とさせていただきます」とし、「当該公演を楽しみにお待ちいただいたお客様には、再三にわたり急きょのお知らせとなり、大変申し訳なく深く
お詫び申します」と謝罪した。

 当該応援は払い戻しの対象となる。また、21日以降の公演の可否については、改めて知られるという。

 以下、公式サイトの告知文。

平素より東宝演劇公演にご愛顧を賜りまして、誠に有難うございます。

3月19日の新型コロナウイルス感染症対策専門家会議の発表を受け、総合的に判断した結果、本日3月20日18時の公演については急遽中止とさせて
いただきます。

当該公演を楽しみにお待ちいただいたお客様には、再三にわたり急遽のお知らせとなり、大変申し訳なく深くお詫び申し上げます。

当該公演のご入場券をお持ちのお客様には払戻しをさせていただきます。詳細につきましては別途ご案内いたしますので、今暫くお待ちくださいますよう
お願い申し上げます。

なお、3月21日以降の公演の実施可否につきましては、改めて東宝オフィシャルサイト「演劇」ページにてお知らせいたします。

お客様にはご迷惑をお掛けいたしますが、何卒事情ご賢察のうえご了承くださいますよう重ねてお願い申し上げます。

スポニチ

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200320-00000131-spnannex-ent


続きを読む
posted by まだおっち at 15:08 | Comment(0) | 堂本光一 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2020年03月18日

堂本光一、ミュージカル公演中止で見せた“神対応”

1: 臼羅昆布 ★ 2020/03/12(Thu) 23:32:51 ID:2rxwz53h9.net

2020/03/12 22:00
https://www.cyzo.com/2020/03/post_234117_entry.html

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、政府が全国の小中高校に休校を要請、そうした流れから
芸能界でもライブの中止が相次いでいる。
そんな中、KinKi Kids・堂本光一の粋な計らいにファンから称賛が送られている。
「堂本が主演を務めるミュージカル『Endless SHOCK』も現在公演中止となっています。その状況下で
 堂本ら出演者がインスタライブを慣行。堂本らは共演している上田竜也らとともに、本来だったら
 ミュージカルが行われている帝国劇場に集まり、空となった客席をバックにトークを繰り広げ、
 『楽しかった』と、ファンから喝采を集めています」(芸能ライター)
インスタライブを観た業界関係者が語る。
「光一が自撮り棒を持って、共演者とトークをしたんですが、公演が中止になっていることへの不安や、
 みんなのモチベーションなど、いろんな話をしていました。光一はインスタライブを初めてやったようで、
 やり方がわからず画面を覗き込む姿が多く、そういう姿も新鮮に映っていましたね」
インスタグラムを駆使したジャニーズらしからぬ神対応に驚いた人も多かったようだ。
「光一が『事務所的にインスタライブはダメなんですけど、強く押しまして』と話していたんですが、
 そもそもジャニーズに限らず、芸能プロダクションはタレントの活動そのものがビジネスですから、
 ネットの活動には慎重なんです。中でもジャニーズは解禁されたとはいえ、まだまだネットには、
 慎重な姿勢を崩さず、そう簡単にはOKがでない。そんな中でのインスタライブだったので、その心意気に
 ファンが感激するのも当然でしょう」(前出・業界関係者)

https://www.cyzo.com/wp-content/uploads/2019/12/KINKI-IN.jpg
KinKi Kids


続きを読む
posted by まだおっち at 14:11 | Comment(0) | 堂本光一 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2019年08月24日

堂本光一、思い出の忘れられない曲に「気持ちがドキドキしちゃう」

1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/08/07(水) 22:31:29.96 ID:nbMiUwOC9.net

KinKi Kidsの堂本光一が、5日に放送されたラジオ番組『KinKi Kids どんなもんヤ!』(文化放送/毎週月曜24:05〜24:30)で、ジャニーズ事務所の先輩&後輩エピソードを披露した。

チャリティーイベント「嵐のワクワク学校」に行ったというリスナーから、嵐の松本潤と相葉雅紀が、忘れられない曲としてKinKi Kidsの「愛されるより 愛したい」を紹介していたというエピソードが寄せられると、
「松潤と相葉は、剛くんが歌番組に急遽出られなくなったときも一緒に歌ってくれたり。確かにそれも思い出というか、彼らへの恩を忘れられない形になりましたね」と後輩たちに感謝。

続けて、自身の忘れられない曲の話になると、Jr.時代にバックで踊っていた光GENJIの「WINNING RUN(ウイニング・ラン)」と「リラの咲くころバルセロナへ」を挙げ、「いまだに気持ちがドキドキしちゃう。
聞くと、グッと胸を締め付けられますね」と吐露。「事務所に入って間もなくて、『WINNING RUN』で球場を一生懸命走ったりしてた時代。
出たものの、先輩から『はけろ!はけろ!』って言われて、『え?はけるって何だ?』って。そういう曲は忘れないよね」と当時を思い出して懐かしんでいた。

また、光一は、光GENJIの元メンバー・佐藤アツヒロに関するエピソードも披露。「(生田)斗真とかが、“アツ兄”みたいな感じで行くでしょ?あれが俺には信じられない。
アツヒロくんも、アニキ的な部分があるし、すごく優しいから、後輩も行きやすいんだろうけど……。
僕はやっぱり、光GENJIの全盛期を知ってるから、そういう風にはできない。だって、曲を聞いてキュンってなっちゃうくらいだもん」と直系の後輩ならではの心境を打ち明けつつ、
「そういう風に、音楽って記憶を呼び覚ましたりする力があるよね」としみじみ語っていた。

https://news.livedoor.com/article/detail/16895993/
2019年8月7日 21時0分 マイナビニュース

https://www.youtube.com/watch?v=XmSCB9mEovA


97 FNS歌謡祭 愛されるより 愛したい 1997 12 11


続きを読む
posted by まだおっち at 15:04 | Comment(0) | 堂本光一 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする