2017年04月27日

堂本光一、東山紀之からのプレゼントに大興奮「すげえ!!」

1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2017/04/01(土) 07:05:44.09 ID:CAP_USER9.net

KinKi Kidsの堂本光一(38)が31日、東京・帝国劇場で主演ミュージカル「Endless SHOCK」の千秋楽を迎えた。

東山は光一に金色の着到板(出欠を表す板)をプレゼント。
光一は「すげえ!!」と大興奮も、ド派手な板に「ちょっと恥ずかしい」と照れ笑い。
東山は「それを使って、何千回でも続けてください」とエールを送った。
光一は通し稽古が一度も成功しないまま迎えた2000年の「SHOCK」初演前に東山から
「もうスタッフを信用して、俺らは俺らのことをやろう」と背中を押されたことを振り返り、「今でも大事にしている言葉です」と感謝した。

http://news.livedoor.com/article/detail/12876430/
2017年4月1日 5時9分 サンケイスポーツ


続きを読む
posted by まだおっち at 20:00 | Comment(0) | 堂本光一 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年10月02日

「実力社会じゃない」KinKi Kids堂本光一の芸能界批判に「お前が言うな!」の声

1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2016/08/14(日) 18:36:26.53 ID:CAP_USER9.net

「日経エンタテインメント!」9月号に掲載されたKinKi Kids堂本光一の連載ページでの一文が話題を呼んでいる。

 光一はその中でメディアが必要以上にコンプライアンスを意識しすぎるあまり、窮屈になっていると指摘。その理由を日本人の「人に嫌われたくない」国民性と、日本芸能界の根底にある「非実力社会」が原因ではないかと分析している。

「オーディションを受けることが前提の海外と比較する形で、『日本の芸能界は純粋な実力社会ではありません』と断定。返す刀で『作る側もそうですし、見る側も、実力主義を求めない。作品を楽しもうとするより、“あの人が出てるから見る”という考えの人のほうがまだまだ圧倒的に多い』と、視聴する側の意識の低さについても苦言を呈してます」(芸能記者)

 しかし、光一のこの発言を受けてネット上では「お前が言うな!」と反発する意見が殺到。女性ユーザーが集まるネット掲示板では、「それをジャニーズが言うんだ(笑)」「そうやって守られてきたから今の地位があるんでしょ?」「正論だけど、だったら独立して成功して見せてください」「今のあなたが言うべき立場ではない」とフルボッコ状態となっている。

「過去には大手芸能プロに所属する小泉今日子が、政治的なキャスティングについて異を唱えたり、小栗旬も日本の芸能界について光一と似たような苦言を呈していまいた。しかし、いずれも言っている内容は間違ってなくても、恩恵を存分に受けてきた側が言うと違和感がある。実際、Kinki Kidsは同時期にデビューしてキャラかぶりと言われたグレートチキンパワーズを事務所の力で抹殺。DA PUMPとの共演を拒否して『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)への出演を取りやめたこともあります。光一も自分たちの“暗黒面”を知らないわけではないと思うのですが‥‥」(前出・芸能記者)

 はたして、「実力」だけでKinKi Kidsは現在の地位を築けていただろうか。

http://asajo.jp/excerpt/15292


続きを読む
posted by まだおっち at 21:20 | Comment(0) | 堂本光一 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年02月18日

堂本光一、SMAP解散騒動「落ち着いたと聞いている」収束に安堵

1: 三毛猫 φ ★@\(^o^)/ 2016/02/03(水) 19:26:23.60 ID:CAP_USER*.net

オリコン 2月3日 18時20分配信

 KinKi Kidsの堂本光一が3日、都内で行われた舞台『エンドレス・ショック』通し稽古前に囲み取材に
出席。先月、解散報道がなされ大騒動となった先輩グループ・SMAPについてコメントした。

 去り際、報道陣から「心配されましたか?」と声をかけられると「もちろん。僕らも詳しいことは
なかなか聞くことはできなかったのですが、KinKi Kidsはデビュー前からSMAPのみなさんのバックを
やらせていただいていたので、そういった意味では心配ではあった」と正直な心境を告白。

 続けて「でも、ことは落ち着いたと聞いていますし、これからも芸能界、エンターテインメントの
世界でも先輩、パイオニアで居続けてほしい」と改めて尊敬の想いを口にした。

 同舞台は作・構成・演出をジャニー喜多川氏が務め、2000年初演以来、3月中旬には通算上演回数が
1400回を達成する。昨年は舞台装置が転倒による事故も起きたが「去年はあってはならないことが起きて
しまったので、今回は事故なくというのが一番。そういう鬼は出て行ってもらいたい」と節分にかけて
気持ちを引き締めていた。このほか屋良朝幸、前田美波里も参加した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160203-00000327-oric-ent


続きを読む
posted by まだおっち at 10:00 | Comment(0) | 堂本光一 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする