2017年02月05日

フジ・関西テレビ系「嘘の戦争」、俳優として圧倒的な存在・草なぎ剛

1: 鉄チーズ烏 ★@\(^o^)/ 2017/02/02(木) 19:35:55.77 ID:CAP_USER9.net

 フジ・関西テレビ系の「嘘の戦争」(毎週火曜日)は、復讐譚(ふくしゅうたん:復讐の物語)である。宿敵を徹底的に打ちのめすには、詐欺のような策略がある。復讐に気づいた敵は逆に策略を繰り出してくる。

 騙したり騙されたり、あるいは騙されたように装ったり。復讐譚はコン・ゲーム(con game)のような展開をみせる。

■家族を殺され、復讐に立ち上がった主人公

 ドラマの主人公である一ノ瀬浩一(草なぎ剛)は詐欺師。少年時代に監察医の父と母、そして弟を自宅で殺される。自身も深手を負うが奇跡的に命をとりとめる。そして30年の年月が流れて、浩一は復讐に立ち上がる。

 病床にあった少年の浩一に、刑事の三輪郁夫(六平直政)は繰り返し、事件が浩一の父親による一家心中であることを証言するように迫る。ふたり組の犯人を見た浩一は抵抗するが、ついに三輪の強要を受け入れて嘘の証言をしてしまう。

 バンコクで詐欺を働いていた浩一は、事件の犯人と考えられる医大の准教授・五十嵐(甲田雅裕)を知る。少女買春をしている五十風は、教授選挙に向けた資金を調達するために街金にまで手をだしている。

 コン・ゲームを仕掛けるには、ターゲットにした人物の周辺調査が必要である。浩一を支えるのは、詐欺師の兄貴分である百田ユウジ(マギー)、見習の八尋カズキ(菊池風磨)、そして浩一の詐欺の被害者から相棒になった、十倉ハルカ(水原希子)である。

 浩一一家の殺人事件には、医療機器メーカーであるニシナコーポレーションの会長である、二科興三(市村正親)が絡んでいることがわかってくる。心臓病を患っている二科は、経営を次男の隆(藤木直人)に譲りつつある。

 長男の晃(安田顕)は、経営能力が劣っていて、子会社の社長を務めている。長女の楓(山本美月)は医師で緊急救命が専門である。

 経営コンサルタントを名乗って、浩一は巧みに二科一族に入り込んでいく。長男の晃の会社には、バンコクの病院に医療機器の納入をあっせんするという名目で。楓とは、偶然に自転車にはねられてけがを負って助けられる。

■刺されるのも計算のうち

 コン・ゲームの面白さは、騙しの策略が一瞬ばれそうになって、つぎの瞬間に切り抜けていく醍醐味(だいごみ)にある。

 浩一はハーバード大卒の肩書である。二科一族の次男隆(藤木)は、ハーバード大学の名簿を手に入れて調べる。浩一の名前はあった。

 名簿に載っている名前の人物名を浩一が使っていたのである。

 隆はあきらめない。浩一の名刺にある、ニューヨークのオフィスに電話をかける。古いビルの小さな一室で鳴り響くベルの音。一瞬、相棒のハルカ(水原)が受話器をとって、流暢な英語で答える。

 「危なかったけど、間に合った」と、浩一に報告するハルカに

 「いますぐ帰ってこい」と命じる浩一。

 「いま着いたばかりなのに」

 浩一たちは、医大の准教授の五十嵐を追い詰めていく。少女買春の写真を手に入れ、借金まみれの実態を把握する。証拠を突きつけられた、五十風は精神的に錯乱状態となる。

 二科一族に対する大きな仕掛けは、興三(市村)の誕生パーティーがプール付きの広大な屋敷で催されるときを狙った。長男の晃と長女の楓の紹介で、興三に挨拶しようとする浩一。にべもなくはねつける興三。そこに、ナイフを手にした五十嵐がふらふらと歩み寄ってくる。

 興三をかばうようにして、浩一は五十風に刺され、プールに仰向けに倒れ込む。救急救命医師の楓があわてて、周囲に浩一を水から引き上げるように命じる。

 浩一は命をとりとめる。「これも計算していたのか」と尋ねる見習のカズキ(菊池)に対して「内臓の位置を知っていて、致命傷になるのを避けた」といとも簡単に答える。

>>2以降に続きます

Wedge 2/2(木) 11:10配信
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170202-00010001-wedge-ent&p=1
http://wedge.ismedia.jp/articles/-/8807


続きを読む
posted by まだおっち at 20:00 | Comment(0) | 草g剛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年02月01日

草なぎ剛「全てが思うほどうまくはいかない。でも、それが人生」

1: 鉄チーズ烏 ★@\(^o^)/ 2017/01/24(火) 07:07:49.94 ID:CAP_USER9.net

 放送中の連続ドラマ「嘘の戦争」で、天才詐欺師を演じている草なぎ剛さん。撮影中は終始ハイテンション、主役自ら現場を盛り上げる気遣いの人だ。仕事に対する思いや結婚観まで、笑顔で語ってくれた。

──20年経って、仕事や演技に対する思いに変化は?

 いろんなお仕事をさせていただきましたが、自分としてはまだまだひよっこというか。たとえば高倉健さんとか、200本以上の映画に出ていらっしゃるじゃないですか。それに比べたら駆け出し、いつもスタートラインみたいな気持ちです。みんなを引っ張っていかなくちゃいけない年齢なのかもしれませんが、若い俳優さんから刺激を受けることも多いし。

 ドラマのお仕事って、僕にとってはそうしょっちゅうあるものじゃない。新しい現場に入ると、新学期を迎えたような気分になって、背筋がピンとします。「初めて主役をやったときにはもうちょっと台本を読み込んでたんじゃないか」「慣れてしまっている部分はないか」。そんなことを考えますね。

 僕はすぐ怠けちゃうし、本当にハナクソなので(笑)、どうにかハナクソから脱出したいという気持ちでやっています。周りに恵まれて、いろんな人に支えてもらって、どうにかこうにかいいお芝居ができるんじゃないか、いい作品を作れるんじゃないかと思って、一生懸命やっています。

──インタビューなどでは、「仕事が好きだ」「楽しい」と語っています。

 僕は仕事が好きなんだと思います。仕事があるから家賃とか光熱費とか払えるし、好きなものも買えるからね(笑)。

 もちろん仕事だから楽しいことばかりじゃないけど、ツライことも楽しむくらいじゃないと。ツライことの先には、もっといいことがあるんじゃないかと思っている。実際あるしね。

──大変なときの気持ちの切り替えは?

 とりあえず早く寝て、「朝の空気吸おうぜ」みたいな。それから、「なんで自分だけが」と思わないようにしています。人それぞれ、大変さを抱えて生きている。「みんな同じなんだ」と思うと、すごく楽になります。空もつながっているしね。

 まあ、そうは言っていても何かあるとまた、「ああ、ヤダなぁ」と思ったりするんですが。人間だもの。相田みつをさんじゃないけど(笑)。

──今の自分は、駆け出しの頃に思い描いていた自分に近づいている?

 東京で働くっていうのは、夢でしたからね。初めて原宿に行ったときの感動は今でも忘れられないし、撮影のためにこういう都内のスタジオに来ると、大げさじゃなくていまだに「おおっ」と思うんです。僕は埼玉の春日部の出身ですが、春日部にはこういうところ、ありませんから(笑)。

 デビューしたての頃に自分で思い描いていたよりも、今の自分はうまくいっているんじゃないかな。もちろん、全てが思うほどうまくはいかないみたいだ♪と、「夜空ノムコウ」の歌詞が一瞬よぎりますが、それが人生。いろいろありつつ、いま僕はここにいる。

 ちょうど仕事もプライベートも、楽しい時期なのかもしれない。20代、30代を経て、40代に入って、人生の楽しみのレベルが上がってるなと感じます。

──17年は、いろんな意味で草なぎさんにとって新たなスタートになりそうです。

 まずはドラマですね。ドラマって節目のタイミングにあって、一生懸命やっているうちに自分のなかで何かしら答えが見えてきたりする。だから撮影してるうちに、何か見つかるかもしれない。

 16年はいろいろあって、ファンの方にも心配をかけてしまい、申し訳なかったなと思っています。でも前向きに、ポジティブに、目の前の仕事に集中していきたい。そうすることで応援してくれる方々に、少しでも恩返しができればと思っています。

※週刊朝日  2017年1月27日号より抜粋

更新 2017/1/24 07:00 週刊朝日
https://dot.asahi.com/wa/2017011800115.html


続きを読む
posted by まだおっち at 20:00 | Comment(0) | 草g剛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年01月15日

<江頭2:50>元SMAPの草なぎ剛を勧誘!「スゴい心配!大川興業に入れ!」

1: Egg ★@\(^o^)/ 2017/01/07(土) 10:52:06.05 ID:CAP_USER9.net

7日放送の「『ぷっ』すま」(テレビ朝日系)で江頭2:50が、
昨年末で解散したSMAPの草なぎ剛に、心配する素振りをみせながら大川興業に勧誘する場面があった。

番組では「日帰りアルバム旅行 in 箱根」と題して、草なぎとユースケ・サンタマリアが、
ミッションに合わせた写真を撮影し、思い出の詰まった日帰りアルバムを完成させるロケに挑んだ。

バスで移動する一行は途中、海老名サービスエリア(神奈川・海老名市)で小休止することになったのだが、
草なぎらがサービスエリアの屋台街を散策すると、近江牛バーガーの屋台でバイト中らしき江頭と遭遇したのだ。

江頭がいるのにも関わらず閑散とした店の空気に、草なぎが「全然、客入ってないじゃないですか!」と指摘すると、
江頭は「ちょっと待て、ひとこと言いたいんだよ!」と声を荒らげた。そして声のトーンを落としつつ「草なぎ、大丈夫か…?」と声をかけた。

返事に困る草なぎに、江頭からは「オレはスゴい心配で!」「もし何かあったら、大川興業に入れ!」と唐突な勧誘をはじめ、テロップでも「ヘッドハンティング」との文字が。

ほかの出演者から笑いが起こる中、草なぎが「それは本当にありがとうございます」と呆れた様子で頭を下げると、
江頭は「オレが絶対に面倒をみてやる!」「パチンコのルートもスゴいぜ!」「毎週土日、パチンコ屋の営業!絶対やらせてやる!」と、パチンコ営業の好調ぶりをアピールしていた。

2017年1月7日 9時35分 トピックニュース
http://news.livedoor.com/article/detail/12508087/

写真
http://image.news.livedoor.com/newsimage/d/f/dfdec_58_132119.jpg

【芸能】<元SMAP>草なぎ剛が過去に起こした「全裸泥酔」を振り返る。泣きながら「シンゴー」と絶叫★2
http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1483746165/


続きを読む
posted by まだおっち at 20:00 | Comment(0) | 草g剛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする