2019年11月29日

草なぎ剛が奥田民生、和田唱、斉藤和義、田島貴男をゲストに迎え初単独ライブ! ステージには総額2億円の私物がずらり

1: 湛然 ★ 2019/11/29(金) 05:19:05 ID:6iJV/m089.net

草なぎ剛が初単独ライブ! 総額2億の私物に囲まれ豪華セッション「夢の中にいる感じ」
2019/11/29 04:00
https://news.mynavi.jp/article/20191129-930301/

https://news.mynavi.jp/article/20191129-930301/images/001.jpg
https://news.mynavi.jp/article/20191129-930301/images/005l.jpg
https://news.mynavi.jp/article/20191129-930301/images/007l.jpg


元SMAPの草なぎ剛が27日・28日、東京・昭和女子大学人見記念講堂で自身初のソロライブ「草なぎ剛のはっぴょう会」を開催。終了後に報道陣の囲み取材に応じ、ライブの感想などを語った。

これまで草なぎが書きためてきた楽曲の初の「はっぴょう会」。初日の27日は奥田民生と和田唱(TRICERATOPS)、2日目の28日は斉藤和義と田島貴男(ORIGINAL LOVE)がゲスト出演し、草なぎとのセッションも披露した。

ライブ終盤、草なぎは「日本一幸せな環境でギターを弾けています。昨日から夢の中にいる感じ。レジェンド方に挟まれて…。本当にありがとうございます」と喜びを語り、「これからも練習して、少しでもいい音楽を届けられるように頑張りますのでよろしくお願いします」と成長を誓った。

囲み取材では「今までも音楽に触れてきてコンサートをやってきたんですけど、新しい音楽の世界に飛び込んだかなという気持ちです」と心境を告白。アイドルとして数々のステージを経験してきた草なぎだが、弾き語りライブは初めて。「自分でリズムを作るというのはまったく新しい感覚。今まで歌もやってきたけどまた違う自分の感情が出てくる感じがあるので楽しい」とうれしそうに話した。

「はっぴょうかいのテーマ」、「いま・新しい地図」、「クルミちゃんの唄」など、自身作詞作曲の歌を届けた草なぎ。どういうときにひらめくのか聞かれると、「なんか好きなんですよね。言葉遊びとか。ちょっと向いているんじゃないかなと思っているところがあって。うまくはまりやすい言葉だったり、適当に浮かんでくるので、遊びながら作っている」と明かした。

ステージのセットは、草なぎが大切にしているジーパンやバイクなど私物がずらり。総額どれくらいか聞かれると「総額は2億。買った時の値段はそれくらいです。本物のビンテージしか置いてないので」と答え、「僕の人生が詰まっている」とコメント。「搬入のときに立ち会わないといけない」と大変さも打ち明けるが、「毎回続けたい」と話した。

そして、「細部にわたって作りものがなく全部本物。ずっと見てられる。1つだけ偽物は、俺の歌とギターテクニック(笑)。俺もいつか本物のギター弾けるようになりたいなと思った」と私物セットを見て奮い立ったそう。「本物のギターの弾き語りの方はこういうことなんだって感じられて、それが血となり肉となり、みなさんに届けられるように生まれ変われたらと思います」と豪華ゲストからも刺激をもらったようだ。

(おわり)


続きを読む
posted by まだおっち at 15:18 | Comment(0) | 草g剛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2019年11月18日

草なぎ剛&ユースケ“なぎスケ”コンビ復活! 1年9ヶ月ぶり新番組「いい関係性がまた築き上げられる」

1: 湛然 ★ 2019/11/13(水) 05:08:38.08 ID:uzre3uUE9.net

2019-11-13 05:00 オリコン
草なぎ剛&ユースケ“なぎスケ”コンビ復活 1年9ヶ月ぶり新番組「いい関係性がまた築き上げられる」
https://www.oricon.co.jp/news/2148324/full/

草なぎ剛×ユースケ・サンタマリアの新番組『なぎスケ!』がAmazon Prime Videoで配信決定 (C)なぎスケ!製作委員会
https://contents.oricon.co.jp/upimg/news/20191113/2148324_201911130751362001573588819c.jpg


 俳優でタレントの草なぎ剛と俳優のユースケ・サンタマリアの新番組『なぎスケ!』が、12月19日よりAmazon Prime Videoで配信(毎週木曜更新/初回は5話一挙配信)されることが、決定した。2018年3月に終了したテレビ朝日系バラエティー『「ぷっ」すま』以来、1年9ヶ月ぶりに“なぎスケ”タッグが復活する。草なぎは「変わっているようで変わっていないような、以前とは違う空気感で新たに始まるなという感じですかね。いい関係性がまた築き上げられるんじゃないかなと思って楽しみです」と期待を寄せている。

 同番組は、草なぎとユースケが大人の趣味を増やしていくべく、毎回いろんな企画にチャレンジしていくリアル型バラエティー番組。毎回豪華なゲストを招き、ゲストのハマっている趣味や興味があることを一緒に挑戦しながら、“夢中になれる何か”を探していく。

 草なぎとの久々の再会となったユースケは「ツヨシとはもう出来上がっているから、久しぶりに会っても変わらないんですよ。『おぉ!久しぶり』ぐらいなんですよ。あれが自然な俺たちなんです。会えてうれしいっていうのはもちろんありますけどね!」と2人ならではの関係性を語る。

 このほど解禁された番組予告では早くも2ショットが実現。口ずさむユースケに大爆笑する草なぎの姿など、相変わらずゆるい空気感を漂わせる2人。キービジュアルでは、スーツ姿で大人の色気漂う表情を浮かべているが草なぎが手にしているのは、ギターではなく“ほうき”。ユースケの左手には葉巻ではなく、懐かしの“ピロピロ”。付き合いの長い2人ならではの“超脱力系”な世界観が地上波よりもさらにより濃く届けられる。

 2人ならではの“ゆるさ”についてユースケは「他の番組はちゃんとやっているんですよ、進行ができないわけじゃないし(笑)」と前置きしつつ「ただ俺とツヨシはずっとそれでやってきたから、スイッチが入るんじゃなくて、スイッチがOFFになるというか、スイッチを切る癖がついているんです。だから、脱力系というかダラダラやっているつもりはないんだけど。無理に素になっているわけではなく、自然と素になっているんですね。それで脱力系って言われているんじゃない?あぁなるんですよ、ツヨシと一緒にやると!」とあくまで自然体を強調。

 草なぎも「嫌なことはやらないというところがあるので、番組スタッフの方にはいろいろと企画を考えてくださって申し訳ないですけれど、リアルにそこでしか湧き上がってこない面白さみたいなものが二人の中であるので、そこはご勘弁くださいというか(笑)。でも、一生懸命やっているときはやっているので、そういうリアルな一つのドキュメンタリー的な笑いを生み出すところが魅力なんじゃないんですかね?自分で言っちゃっていますけれど!」と見どころを紹介した。

 名コンビ復活に寄せ、草なぎは「僕自身もすごく楽しみにしていますし、この番組を通してなにか男としてちょっとでも成長していけたらと思っています。すてきな番組になると思うので、皆さんぜひともご覧ください。応援してくださっているファンの方に一番観てほしいです。よろしくお願いします!」と意気込み。ユースケも「ツヨシと『なぎスケ!』という番組をまたやることになりました。楽しみにしてくれている人、別にどうでもいい人、たくさんいると思いますが、俺たちはとにかくまた一緒に番組をやれることになってうれしいので、その気持ちだけでこの番組をやっています。よかったら観てください!」と呼びかけている。

(おわり)


続きを読む
posted by まだおっち at 15:53 | Comment(0) | 草g剛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2019年11月02日

草なぎ剛が初のトランスジェンダー役 映画「ミッドナイトスワン」主演「台本読んで涙とまらなかった」

1: 湛然 ★ 2019/10/31(木) 05:05:12.68 ID:ELrMeex39.net

10/31(木) 5:00 中日スポーツ
草なぎ剛が初のトランスジェンダー役 映画「ミッドナイトスワン」主演「台本読んで涙とまらなかった」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191031-00010004-chuspo-ent

難役に挑むことになった草なぎ剛
https://amd.c.yimg.jp/amd/20191031-00010004-chuspo-000-1-view.jpg


 元SMAPで俳優の草なぎ剛(45)が、主演映画「ミッドナイトスワン」(内田英治監督、公開日未定)でトランスジェンダーの主人公を演じる。

 同作は、16年公開の「下衆の愛」、今年動画配信サービス・Netflixで配信され話題となったドラマ「全裸監督」を手掛けた内田監督によるオリジナル作品。

 草なぎ演じる、ダンサーとして働くトランスジェンダーの主人公・凪沙(なぎさ)と、親から愛を注がれることなく生きてきた少女・一果(いちか)の姿を通して切なくも美しい現代の愛の形が描かれる。

 草なぎが演じる凪沙は、育児放棄にあっていた親戚の娘・一果を預かることに。凪沙は一果の苦悩を正面から受け止めることにより、自分の中に今まで感じたことのなかった母性が芽生えていく。

 草なぎは初のトランスジェンダー役。今月末にクランクインし、来月末にクランクアップ予定だが、「今までにない大挑戦。ここでまた新しい作品の力やお芝居の力に目覚めることができたらいいなと思います」と意気込んでいる。

 作品については、「国境や性別などを超える力があって、皆さんに楽しんでいただけると思います。台本を読んだ時、とても感動し涙がとまらなかった。その時の気持ちを作品としてみせられたら」とアピール。

(以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)


続きを読む
posted by まだおっち at 10:33 | Comment(0) | 草g剛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする