2019年09月26日

V6坂本昌行(48)、左膝手術していた…長野、井ノ原と18年ぶりディナーショー決定

1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/09/24(火) 10:50:37.80 ID:NRx4okg39.net

V6の坂本昌行(48)、長野博(46)、井ノ原快彦(43)によるユニット「20th Century(トニセン)」が23日、12月に18年ぶりとなるディナーショー(5か所13公演)開催を発表した。
坂本は同時に、左膝の前十字靱帯(じんたい)及び半月板損傷による鏡視下前十字靭帯再建、半月板縫合の手術を受けていたことを公表。
手術成功の報告とともに、01年以来2度目のディナーショーに「成熟した大人の魅力をお客様にお伝えできれば」と力を込めた。

坂本は、7月下旬から今月10日までトニセン3人だけの舞台「カノトイハナサガモノラ」に臨んでいた。
関係者によると手術は舞台千秋楽の後、1週間ほど前に行い、現在はリハビリに励んでいる。
けがは長年の蓄積によるもので、膝関節に穴をあけて内視鏡を挿入し、靱帯と半月板の状態を回復させる手術を行った。
「来年は僕たち(V6)にとって25周年という大事な年。支えていただいている皆様に楽しんでいただく為にも、前々から不安を抱えていた膝の手術を行いました」とした。

現在、V6はメンバーそれぞれが個々の活動を精力的に展開。
2年に1度のペースで開催してきたV6の全国ツアーは17年を最後に遠ざかっているが、来年は25周年とあって開催が期待される。

その弾みとするべく開催する年末のディナーショー。ジャニーズ事務所では先輩の近藤真彦(55)が毎年恒例、ジャニーズアイランドの滝沢秀明社長(37)も引退する昨年まで3年連続で開催していた。
坂本は、18年前の記憶を呼び起こしながら「あの頃とは一味も二味も違うステージを、すっかり大人になった僕たち、そしてお客様と一緒にステキな時間を過ごせたら」と思いをはせた。

https://news.livedoor.com/article/detail/17126474/
2019年9月24日 4時0分 スポーツ報知

https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/5/c/5cccf_60_631e74f1_b02c4365.jpg
トニセンの(左から)長野博、坂本昌行、井ノ原快彦

https://www.youtube.com/watch?v=R6tu45cGLt8


V6 ありがとうのうた


続きを読む
posted by まだおっち at 16:08 | Comment(0) | 坂本昌行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2019年08月01日

V6・坂本昌行、彼女質問にタジタジも… 井ノ原快彦が暴露「気づくと健と一緒にいる」

1: 朝一から閉店までφ ★ 2019/07/27(土) 20:28:15.93 ID:1YzmCUwA9.net

2019-07-27 20:10

 V6の坂本昌行、長野博、井ノ原快彦からなるユニット・20th Century(トニセン)の第2弾舞台『カノトイハナサガモノラ』の東京公演が27日、東京グローブ座で開幕。直前に行われた公開ゲネプロ後の囲み取材では、それぞれが意気込みを語るなか、坂本がタジタジとなる一幕もあった。

 囲み取材では、劇中で坂本が放った「しばらく恋人がない」という旨のセリフが話題に。リポーターから「実際に彼女はいるの?」と直球質問を受けると「唐突だな…。何なんだ!」と目を丸くし、隣の井ノ原も「今、ここでそれを言うはずがないですよ」と笑い飛ばした。

 さらに井ノ原は「(坂本が)ワンちゃんを飼っているんですけど、みんなで食事に行く時も『一回、帰ってエサをあげてくる』って。めちゃくちゃいい飼い主ですよ」。続けて「最近、気づくと(三宅)健と一緒にいる」と暴露。照れ笑いを浮かべた坂本は「おとといも(三宅から)電話がきた。内容? 教えないよ」と白い歯をみせていた。

 さまざまなジャンルで個々にも活躍している坂本、長野、井ノ原。3人はこれまでストレートプレイからミュージカルまで、さまざまな舞台作品を創り上げてきたが、「未知の舞台表現を開拓し、観客と共に新たな旅に出よう!」という思いからはじまったのが、コンサートやトークショー、ミュージカルとも違う、音楽と演劇が融合した新しいエンターテインメント“Play with Music”=“TTT(TWENTIETH TRIANGLE TOUR)”。

 1年半ぶりとなる同公演は、兼ねてからV6のみならず、井ノ原のソロ曲の作詞をするなど親交の深い御徒町凧氏が脚本・演出を手掛ける。すでに昨年の夏から御徒町氏とトニセンによるワークショップは繰り返され、御徒町氏の目線で深く追求された3人のパーソナリティが盛り込まれたストーリーとなっている。舞台上はリアルともバーチャルともつかないような雰囲気に包まれ、そこで繰り広げられる会話によって、普段の3人を覗き見るような不思議な世界へ誘う。東京公演は、きょう27日〜8月20日まで同所で上演。

 本番を直前に控え、長野が「今のトニセンにしか出せない作品になってる。それを体感してほしい」と呼びかけると、井ノ原は「舞台を仲良くないとできない。僕たちの関係性が続く限りは、ライフワークとして続けていきたい」と笑顔で話していた。
https://www.oricon.co.jp/news/2141024/full/
(最終更新:2019-07-27 20:10)


続きを読む
posted by まだおっち at 11:26 | Comment(0) | 坂本昌行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2019年07月30日

V6坂本、ジャニー喜多川さんをシメてた説 松本人志「それはYOUダメだよ」

1: 湛然 ★ 2019/07/28(日) 05:40:02.20 ID:y1rSnyzz9.net

V6坂本、ジャニー喜多川さんをシメてた説 松本人志「それはYOUダメだよ」
V6・20th Centuryがジャニー喜多川さんとのエピソードを語る。
2019/07/27 13:00 モトタキ
https://sirabee.com/2019/07/27/20162131263/

(画像提供:『ダウンタウンなう』cフジテレビ)
https://img.sirabee.com/wp-content/uploads/2019/07/sirabee20190725down1-600x400.jpg


26日放送の『ダウンタウンなう』(フジテレビ・関西テレビ系)の「本音でハシゴ酒」では、V6・20th Century(以下、トニセン)の坂本昌行、長野博、井ノ原快彦が登場。

ダウンタウンと坂上忍と飲み友達の小島瑠璃子が、坂本が故・ジャニー喜多川さんに特別扱いされていたエピソードで盛り上がる。


■井ノ原が語る「坂本の特別扱い」エピソード

井ノ原が「ジャニーさんってなんで坂本君にだけ特別扱いなの」と質問をする場面があった。そこで、井ノ原から見た坂本の特別扱いエピソードが語られた。

「ずっと昔から疑問に思ってて、ジャニーズJr.としてバックダンサーをやってた時なんですけど。V6のメンバーで、ある先輩のバッグについてた時がありまして。

その時、自由にやってもいいよみたいな曲があったんですよ。踊らなくてもいいし、自由にやっていいよ、と。

でも、一人だけジャニーさんから見て、『自由っていってもそれ自由すぎだろ』と思ったメンバーがいて、それ健だと思ったみたいでして、楽屋にジャニーさんが走ってきて、『バカヤロー! コノヤロー!』って怒ったんです。

健は『俺じゃねーよ!』って言って、そのまま楽屋に逃げていったんですよ。

ジャニーさん、『待てコノヤロー!』って追いかけてて、どうなるんだろうって俺追いかけて見てたら、楽屋に坂本君がいて…、『俺だけど何?』とジャニーさんが自由すぎると思ったのは自分のことだと名乗り出たんです。

そしたら、ジャニーさんは『あっそう…』ってトーンダウンして帰っていったんですよね」

井ノ原は「ジャニーズはアメリカナイズされていて、僕らはジャニーさんに対して基本敬語はあまり使わないので対等みたいな感じにはなる」と前置いた上で、それでも「ジャニーさんが坂本君にちょっとペコペコし過ぎ」と違和感を吐露。

坂本はまったくの無自覚だったようだが、長野が「僕が思うに坂本君はジャニーさんの事を一回シメてるんじゃないか」と言い出して危険な笑いを誘う。

松本がこのボケに乗っかり、「それはYOUダメだよ〜!」とジャニーさん口調を真似て、生まれた笑いを膨らませた。


■坂本ヤンキー説も浮上

「世界のジャニーをシメてない」と否定する坂本だが、井ノ原の暴露トークは止まらない。

「ジャニーズJr.の頃って、みんなしがみついて『俺はやるんだ!』みたいな感じなんだけど、坂本君は『帰れ!』って言われたら本当に帰っちゃう人でした。根がヤンキーなんですよ、亀戸だから…」

地元イジリをされた坂本が「おいちょっとお前! 亀戸に謝れよ!」と反論して笑いを誘う展開も。

(以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)


続きを読む
posted by まだおっち at 14:29 | Comment(0) | 坂本昌行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする