2020年10月05日

【少年隊】CDほぼ廃盤、2人が退所決定も“オワコン”どころか10代にまで愛されていた!

1: 首都圏の虎 ★ 2020/09/25(金) 14:43:09.94 ID:CAP_USER9.net

2020年9月20日、少年隊の錦織一清(55)と植草克秀(54)が年内いっぱいでジャニーズ事務所を退所することが公式サイトなどで発表されると、テレビ番組では速報が報じられ、SNSでは「少年隊」がホットワードに。翌朝のスポーツ新聞各紙でも芸能面トップを飾るなど、あらゆるメディアで騒然となった。

900円のシングルCDが数万円に!
 少年隊は前述の錦織、植草と、来年以降も事務所に残留する東山紀之(53)からなる3人組の男性アイドルグループで、'85年に『仮面舞踏会』でデビュー。'08年のミュージカル『PLAYZONE(プレゾン)』での主演以降、グループとしての活動がなかったものの、テレビ番組のジャニーズ特集では著名人やジャニーズ後輩たちが少年隊の楽曲やパフォーマンスをこぞって絶賛し、そのたびに若いファンや昔の出戻りファンを増やしつつあった。

 その証拠に、オークションサイト『ヤフオク!』や、フリマサイト『メルカリ』では、彼らのCDなどが当時の数倍から数十倍の値段で取引されている。定価900円(税込み)のシングル『仮面舞踏会』が2万円、定価2400円(税込み)のアルバム『翔』が1万円で売れた事例も。というのも、少年隊は'85~'95年にリリースされたCDのほとんどが、なぜかすでに廃盤で入手困難な状態。それでも、なんとか商品を手元に置きたい! と新旧のファンが躍起になっているのだろう。

 筆者が担当するラジオ番組『渋谷のザ・ベストテン』(渋谷のラジオ)でも、少年隊限定のランキングを発表したところ、コミュニティFMにもかかわらずツイッターのトレンド2位に急上昇するほどの注目度だった。先日、デビュー35周年記念日となる今年12月12日にベストアルバムやDVD BOXが発売されることが発表され、ファンたちの渇望(かつぼう)感も多少は解消されるだろうが、まさかこんな形になるとは……。

 ともあれ、この機会に、故・ジャニー喜多川氏も最強グループだと認定した(TOKIO/国分太一・談)少年隊の魅力はどこにあるのか、振り返ってみたいと思う。

 第1の魅力は、歌もダンスも本格的なアイドルグループのパイオニアであること。彼ら以前のジャニーズは、'80年代に活躍した田原俊彦、近藤真彦、シブがき隊と、ルックスやキャラクターの魅力を前面に押し出して“歌やダンスは二の次”という状態でデビューした(ただし、数年後からは歌唱レベルや、ダンスセンス、演技力などにそれぞれ磨きをかけたことは周知のとおりである)。

 対して少年隊は、デビュー前からマイケル・ジャクソンの『スリラー』で有名な振付師、マイケル・ピータースの1日8時間にも及ぶ猛特訓を受けて歌やダンスのレベルを高め(当時のテレビ番組ではダンスシューズが2週間でボロボロになると言っていた)、実力派歌手が幅をきかせていたフジテレビの看板番組『夜のヒットスタジオ』に何度も出演している。

 また、デビュー前年の'84年には歌番組『ザ・ベストテン』の注目歌手を紹介するコーナー、“スポットライト”に出演し『あなたに今Good-bye』を歌っているが、この曲はレコード発売がないにもかかわらず、はがきリクエストが上位入り。総合でも20位台に入るという異例の高ランクをマークした。それほどまでに「歌もダンスもうまい子たちがいる」と、デビュー前から評判だったのだ。

全文はソース元で
https://news.yahoo.co.jp/articles/ac3f8450d354c05a72b88cd85ab83f80221f904d
https://amd.c.yimg.jp/amd/20200924-00018939-jprime-000-3-view.jpg


続きを読む
posted by まだおっち at 10:29 | Comment(0) | 少年隊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2020年05月14日

デビュー35周年、「ジャニーズ最強」と評された少年隊の実力

1: フォーエバー ★ 2020/04/26(日) 17:16:05 ID:Z1qjjvO79.net

今年、デビュー35周年を迎える少年隊が復活する日は来るのだろうか──。錦織一清、植草克秀、東山紀之の少年隊は1985年12月、『仮面舞踏会』でデビュー。オリコン初登場1位を獲得し、当時の人気歌番組『ザ・ベストテン』(TBS系)でも6週連続1位に輝いた。その後も、『バラードのように眠れ』『ABC』などヒットを飛ばし続け、NHK紅白歌合戦にも8年連続出場した。

 1962年のジャニーズ事務所創業以来、ジャニー喜多川氏は何組ものグループを育ててきたが、少年隊への力の入れ具合は格別だった。

 デビュー前の約4年間、3か月に1度ほどのペースで海外に渡り、本場のエンターテイメントを学ばせた。ブロードウェイのミュージカルを何度も鑑賞し、マイケル・ジャクソンの『スリラー』の振付師であるマイケル・ピータースの1日8時間に及ぶダンスレッスンを受けさせたこともあった。

 1980年に田原俊彦と近藤真彦がデビューしてジャニーズ事務所は再興したが、1984年にはチェッカーズや吉川晃司など、他事務所からアイドルが台頭。そんな状況下で、アクロバティックさとしなやかなさを兼ね備える少年隊が爆発的な人気を得て、事務所の勢いは増した。

 2019年9月4日放送の『TOKIOカケル SP』(フジテレビ系)では、TOKIOの国分太一がジャニー氏に「最強のグループは?」と質問した際、「少年隊」と即答されたという秘話を明かした。5枚目のシングル『stripe blue』でバックダンサーを務め、ミュージカル『PLAYZONE ’87 TIME-19』にも出演した元CHA-CHAの木野正人が述懐する。

「ジャニーさんはどんどんアイディアが浮かんでくるので、公演直前に演出や振付を変えることもよくありました。でも、何を要求しても、少年隊は必ず応えていた。だから、信頼感があったのでしょうし、プロデューサーとしてすごく面白かったのだと思います」

4/26(日) 16:05配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200426-00000015-pseven-ent


続きを読む
posted by まだおっち at 14:06 | Comment(0) | 少年隊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2020年02月25日

東山紀之、独立発表の中居に「ズボンのチャック開いてらしいね」衝撃の舞台裏明かす

1: 牛丼 ★ 2020/02/24(月) 03:55:51 ID:xgNO5jdH9.net

https://i.imgur.com/Uj76vWe.jpg
 少年隊の東山紀之(53)が23日、司会を務めるテレビ朝日の情報番組「サンデーLIVE!!」(日曜前5・50)に出演。3月いっぱいでジャニーズ事務所を退社することを21日に発表したタレントの中居正広(47)について語った。

 中居で会見で明かした通り、事前に報告を受けていたという東山。「スッキリしていい顔してましたね」と大きな決断をした後輩の会見を振り返りつつ、衝撃の“舞台裏”も暴露した。

 「なんか登場の時、社会の窓開いてたらしいね」。他の番組出演者が驚きの声を挙げるなか「あとで座ってから気づいたらしいですよ、本人」と続け、ジョークとは思えない涼しい顔を浮かべていた。
https://news.livedoor.com/lite/topics_detail/17859671/


続きを読む
posted by まだおっち at 15:00 | Comment(0) | 少年隊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする