2017年09月18日

SMAP分裂組の3人に寛大な措置?レギュラー番組継続のウラにある”巧妙な計算”

1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2017/09/07(木) 08:16:54.80 ID:CAP_USER9.net

元SMAPの香取慎吾(40)、稲垣吾郎(43)、草なぎ剛(43)の3人がジャニーズ事務所から退社する9月8日が迫ってきた。
同事務所はすでに8日をもって3人のウェブサイトを閉鎖することを発表し、粛々と退社に向けた準備が進められている。
3人は現在も変わらずにレギュラー番組に出演しており、一時は芸能界が大荒れになると思われた独立劇だったが、
意外すぎるほどの平穏さだ。だが、これにはジャニーズ側の巧妙な「計算」があるという。

■異例中の異例?ジャニーズの「寛大な措置」のウラ事情

当初は「レギュラー全消滅」「最低でも2年間は干される」などとウワサされていた3人の独立劇。
だが、稲垣は『ゴロウ・デラックス』(TBS系)、草なぎは『「ぷっ」すま』(テレビ朝日系)、香取は『おじゃMAP!!』(フジテレビ系)と独立後もレギュラー番組が継続することが決定した。

香取が長年MCを務めた『SmaSTATION!!』(テレビ朝日系)は9月いっぱいで終了するが、「レギュラー全消滅」とならなかったのは極めて異例の措置。
最小限のダメージでジャニーズ事務所からの独立を成功させた超レアケースとなりそうだ。

「SMAP解散騒動で『ブラック事務所』などと批判が殺到し、ジャニーズ事務所はイメージが失墜。
さらなる世間の批判を招かないために、3人のレギュラー継続を認めたようです。
さらに同事務所のジャニー喜多川社長(85)が『どのような立場になろうとも、彼らを想う気持ちに変わりはありません』と声明を発表したことが決定打となり、
圧力によって芸能界から追放されるような事態は避けられた」(芸能関係者)

ところが、3人とも独立後の新規の仕事は今のところ一切ナシ。それどころか、マネージメント窓口の連絡先すら不明の状態だ。
騒動当初はSMAPの元チーフマネジャー・I女史が興した新事務所にそろって移籍するとみられていたが、その気配もない。どういうことなのか。

■SMAP分裂組の「レギュラー継続」のウラに秘密の交換条件?

「I女史は3人の独立に関して“芸能界のドン”と呼ばれる大手芸能プロのT社長に相談し、T社長は『すぐに合流するのはよくない』と助言したようです。
I女史と犬猿の仲でジャニーズ事務所の実権を握ってるM副社長を刺激しないためにも、合流までに1年以上は期間を置くべきという結論になった。
また、3人の仕事は継続するレギュラー番組に限られ、新規の活動はI女史と合流するまで自粛。
当面は新規オファーを受けられないのでマネジャーによる売り込みはおろか、マネジメントの連絡先すら公表していない。
取材申請に限ってはレギュラー番組のスタッフが窓口になりますが、とても国民的人気タレントとは思えない環境になってしまいました」(前出・芸能関係者)

やはり独立の代償は少なからずあるようだが、それでもレギュラー番組の継続は寛大な措置に思える。
しかし、それにもジャニーズ事務所の影響が色濃く残ることになるという。

「単にレギュラー継続を認めたわけではなく、ジャニーズ事務所は独立後の3人に“取り分”を求めているといわれ、弁護士同士の話し合いが進められているようです。
3人は要求をおおむね了承しているとされ、交換条件によって事務所サイドがレギュラー継続を承諾したようです。
ジャニーズ時代に獲得したレギュラー番組ですから、独立後であろうと事務所に“還元”すべきという理屈なのでしょう」(週刊誌記者)

一見すると驚くほど平穏に見えた独立劇だったが、どうやら3人は退社後も鎖につながれたような状態が続きそうな気配。
将来的にI女史と合流すれば本格的な活動が可能になりそうだが、そうなれば「I女史憎し」でジャニーズ事務所が牙をむいてくる危険性もある。
芸能界の悪しき慣習を打破する独立劇としても注目されていたが、やはり大手事務所からの独立は一筋縄ではいかないようだ。

http://dailynewsonline.jp/article/1352369/
2017.09.06 19:20 デイリーニュースオンライン


続きを読む
posted by まだおっち at 20:00 | Comment(0) | SMAP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年09月17日

草なぎ剛「自分の古着を売れば生きていける」はリアルに可能だった! 「古着とバイクを売れば生きていける」

1: りんがべる ★@\(^o^)/ 2017/09/04(月) 18:46:17.19 ID:CAP_USER9.net

http://www.asagei.com/excerpt/88099

 9月8日をもってジャニーズ事務所を退所する元SMAPの草なぎ剛が、早くも悠々自適モードに入っているようだ。
8月31日発売の「女性セブン」によると草なぎは、周囲に対して「古着とバイクを売れば生きていける」と語っているという。

 その草なぎはマニアックなデニム収集家としても知られており、テレビ番組でご自慢のコレクションを披露していたことも。
その貴重なデニムを売りさばけば本当に生活していけるはずだと、ファッション誌のライターが太鼓判を押す。

「彼のコレクションは半端ないですよ。たとえば普段から愛用している『リーバイス 213』のジージャンは1910年代の代物。それでいて色落ちも少なく、あれなら60万円以上は確実ですね。
かつて『笑っていいとも!』(フジテレビ系)で紹介していた戦前のブランド『BOSS OF THE ROAD』のデニムは1890年代の博物館クラス。こちらはもはや100万円突破もありそうです」

 ほかにもビンテージデニム界で定番の「リーバイス501XX」はデッドストックも含めて何本も所有。
かつては本人も苦笑交じりに「金欠だよ」と語るほど、趣味に投じた金額は半端ないようだ。

「そんな草なぎのデニムコレクションはマニアからも絶賛されているほど。
彼が持っているものは本物だという信頼感を得ており、オークションに出品すれば相場以上の価格で売りさばけるんじゃないでしょうか。
マニアからはコレクションの放出に期待する声も少なくないようです」(前出・ファッション誌ライター)

 もっとも草なぎのマニアぶりを見れば、たとえオークションにデニムを出品したとしても、それは次なるデニムを買う資金として使われる可能性も高そうだ。


アサ芸プラス 2017年9月4日 17:58


続きを読む
posted by まだおっち at 20:00 | Comment(0) | 草g剛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年09月16日

稲垣吾郎、SMAP最長のラジオレギュラー番組継続へ

1: 湛然 ★@\(^o^)/ 2017/09/08(金) 05:11:32.59 ID:CAP_USER9.net

2017年9月8日5時0分 スポーツ報知

稲垣吾郎、SMAP最長のラジオレギュラー番組継続へ

 文化放送が、8日にジャニーズ事務所を退所する元SMAPの稲垣吾郎(43)がパーソナリティーを務めるレギュラー番組「編集長 稲垣吾郎」(水曜・後9時半)の継続方針を固めたことが7日、分かった。
13日か20日の同番組内で稲垣本人が発表する。

 同事務所を退所する稲垣、草ナギ剛(43)、香取慎吾(40)が出演する多くのテレビ・ラジオのレギュラー番組の継続が正式決定する中で、唯一、今後について「未定」とされていた同番組。
今年7月、同社の上口(かみぐち)宏社長の定例会見で、長谷川実取締役編成局長は、退所後の番組について問われると「稲垣さん、リスナーにとって良い形をとっていきたい」と話した。加えて「ジャニーズ事務所は卒業されるので、次の形が決まってくることが関係してくる」と退所後の事務所との調整が必要とし、継続か否かについて明言しなかった。

 番組継続の方針が決まった背景には、ファンの後押しもあったとみられる。同局によると、稲垣の退所が近づいた今年7月以降、「ラジオをやめないでほしい」といった声が、ハガキやメールを通じて、通常の2割ほど増えたという。

 同番組の前身は、SMAPがデビューする前の1989年にスタートした「Hi! SMAP」。「Can’t Stop! ―LOVING―」でCDデビューした91年から「STOP THE SMAP」にタイトルを改め再スタートするなど、SMAPのラジオレギュラーとしては27年間、最も歴史の長い番組だった。

 多くのファンに惜しまれながら、SMAPが解散した2016年末に終了。当時、稲垣は「生放送でやったり、ラジオのやり方も分からない頃から、この番組で色々学んだ。
ファンの皆さんとの架け橋として繋いできたことに、感謝の気持ちでいっぱいです」と話した。年明けにはタイトルを「編集長 稲垣吾郎」にリニューアルし放送を再開した。


http://www.hochi.co.jp/entertainment/20170908-OHT1T50086.html


続きを読む
posted by まだおっち at 20:00 | Comment(0) | 稲垣吾郎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする