2019年02月18日

山下智久、新曲が不発に思える理由と「男性ソロアイドル」の厳しい現状

1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/02/16(土) 23:46:30.49 ID:EWjmHvC+9.net

5年半ぶりとなるシングル『Reason/Never Lose』をリリースした山下智久。

【写真】赤西仁とプライベートで会う山P、週刊女性の直撃に笑顔を見せる山P

昨年は主演映画『コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』の興行収入が92億円を超え、年間ナンバーワンヒットを記録。
人気の健在ぶりを印象付けた山下だが、今回のシングル発売初日のオリコンデイリーチャートでは、3万7000枚超で3位となった。

ちなみに1位はSTU48、2位はハロー!プロジェクトのアイドルグループJuice=Juiceだった。

ソロアイドルには厳しい時代

「かつてKAT-TUNの亀梨和也と『修二と彰』名義でリリースした『青春アミーゴ』は、ミリオンセラーの大ヒットでした。また、ソロ第1弾の『抱いてセニョリータ』も80万枚超え。

香取慎吾と組んだ『MONSTERS』や、一昨年に再び亀梨と組んだ『亀と山P』も話題になりました。昨年リリースのアルバムはオリコンで週間1位を獲得していますが、
今回のシングル発売は、『コード・ブルー』の勢いを味方にしているにも関わらず、順位も枚数も物足りない印象があります」

というのは、ある芸能記者。さらに続ける。

「とはいえ女性アイドルも、ソロでのシングルヒットを出せる人は、近年ほとんどいません。グループだと、メンバーそれぞれのファンによる合算で売り上げをあげる側面があるので、ソロのアイドルは厳しい時代なのかもしれません」

ジャニーズのタレントも、古くは郷ひろみや川崎麻世、さらに田原俊彦に近藤真彦など、昭和の時代はヒットを連発するソロシンガーが数多く存在した。

平成以降も、先にあげた『抱いてセニョリータ』や、元SMAPの香取慎吾が“慎吾ママ”名義でリリースした『慎吾ママのおはロック』、近藤真彦の『ミッドナイト・シャッフル』などヒット曲は存在するが、昨今のソロでの大ヒットは、ほぼ存在しない状態である。

「シングルヒットというと、滝沢秀明の『愛・革命』や堂本剛の『街』、山田涼介の『ミステリーヴァージン』あたりが目立ったところでしょうか。

TOKIOの長瀬智也が“桜庭裕一郎”名義で歌った『ひとりぼっちのハブラシ』や、嵐の大野智の“怪物くん”名義で歌った『ユカイツーカイ怪物くん』なども知られています。

近年は中山優馬やKAT-TUNの中丸雄一・上田竜也のように、配信オンリーとなるリリースも増えてきています」(前出・芸能記者)

では、アーティストとしての山下の需要は低いのだろうか。あるスポーツ紙記者が言う。

「アーティストとしての山Pは、特に2012年にワーナーに移籍してから、海外の最先端の流行を取り入れるなど、売り上げよりも自分のやりたい音楽をやるという印象が強いです。
俳優業への考え方と音楽は、完全に別物なのでしょう。これは各グループを脱退した、赤西仁や渋谷すばるのソロ、堂本剛のソロプロジェクトなども同様のスタイルですよね」

山下は昨年、ソニー・ミュージックエンタテインメント(SME)と契約し音楽活動を再開したばかり。
昨年11月リリースのアルバムは、チャート1位を記録しており、決して彼の需要が低くなったわけではないという。

「多くの特典やイベント、歌番組でのプロモーションもほとんどない単独のアイドルとしては、十分な数字だと思います。
音楽的志向を前面に押し出すタイプではありませんが、好きなことをやるプロジェクトとしてとらえれば、売り上げや順位は問題ではない。

映画やドラマはヒットするのに、CDがあまり売れていないような印象を受けるのは、まだまだ山Pのアイドル色が強いせいなのかもしれません」

脱アイドルの難しさ、である。

<取材・文/渋谷恭太郎>

*文中にオリコンチャート1位はHKT48とありましたが、正しくはSTU48でした。訂正して、お詫び申し上げます(2019年2月16日22時50分修正)

http://news.livedoor.com/article/detail/16031875/
2019年2月16日 21時0分 週刊女性PRIME


続きを読む
posted by まだおっち at 15:57 | Comment(0) | 山下智久 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

<活動一部再開のキンプリ・岩橋玄樹>「必ずパニック障害を克服してもどってきます」…コメント全文

1: Egg ★ 2019/02/17(日) 17:49:24.94 ID:2GUaI5Ix9.net

パニック障害の治療に専念していた6人組「King&Prince」の岩橋玄樹(22)が、3月20日発売の新曲「君を待ってる」から活動を再開することが17日、所属のジャニーズ事務所から発表された。岩橋のコメント全文は以下の通り。

 休養期間中は、ファンの皆さまや関係者の皆さまにご迷惑とご心配をおかけしているにもかかわらず、たくさんの温かいメッセージをいただきましてありがとうございます。

 皆さまからのご声援を力に、現在、治療や課題に取り組んでおり、心身ともに快方に向かっています。

 改めて、3rdシングル「君を待ってる」より、一部活動を再開することになりました。まずは、今回、活動を再開することができたのは、待っていてくださるファンの皆さまや関係者の皆さまのおかげと心から感謝しています。

 すべてを元通りのペースに戻すにはもう少し時間がかかるかもしれませんが、徐々に現場に戻っていく中で、改めて仕事ができる喜びを感じています。今は焦るときではないと一日一日を大切に過ごしていますので、完全に活動を再開するまでお待ちいただけると幸いです。

 また、今回の休養と一部活動再開において、メンバーの理解を欠かすことはできません。僕がいつでも戻れるように、いつもその場に僕がいるつもりで活動してくれている5人には感謝の気持ちでいっぱいです。5人でKing&Princeを守り続けているメンバーの思いに応えるためにも、僕は必ずパニック障害を克服してもどってきます。

 ファンの皆さま、いつも変わらぬご声援をいただき、ありがとうございます。これからもKing&Princeをよろしくお願いします。

 2019年2月17日

 King&Prince

 岩橋玄樹

2/17(日) 17:32配信 スポーツ報知
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190217-00000132-sph-ent


続きを読む
posted by まだおっち at 15:55 | Comment(0) | ミスターキングvsミスタープリンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2019年02月17日

元SMAP、稲垣(45)草なぎ(44)香取(42)のファンミーティングに1万6000人集まる

1: 47の素敵な 2019/02/17(日) 07:07:57.05 .net


元SMAPが独立後初ファンミーティング 香取慎吾涙目「これが始まり」
https://www.hochi.co.jp/entertainment/20190216-OHT1T50365.html
元SMAPの稲垣吾郎(45)、草ナギ剛(44)、香取慎吾(42)が16日、東京・武蔵野の森スポーツプラザメインアリーナで、2017年9月のジャニーズ事務所から独立後初となるファンのためのイベント「NAKAMA to MEETING_vol.1」をスタートした。
この日は2公演が行われ、計約1万6000人を動員した。
イベントは大阪、福岡など5都市で22公演行われ、計12万人以上を動員予定。

https://pbs.twimg.com/media/DzgXBmQVAAAuY-l.jpg
https://pbs.twimg.com/media/Dzh4pObUYAEXC9x.jpg
VIPQ2_EXTDAT: none:none:1000:512:----: EXT was configured

続きを読む
posted by まだおっち at 22:41 | Comment(0) | SMAP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2019年02月16日

嵐、残された2年間の“殺人級スケジュール” 過労を心配するファン続出

1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/02/09(土) 10:07:49.76 ID:vVNE8Fjv9.net

2020年をもってグループとしての活動を休止する嵐。残された2年間、嵐はまさに“疾風怒濤”のスケジュールをこなすことになるだろう。
ファンにとっては、喜び半分、心配半分の複雑な心境のようだ。

2月7日発売の「女性セブン」(小学館)は、嵐の活動休止までの2年間について、「完全燃焼スケジュール」と題し、かなり具体的に記していた。

まず2019年は、4月から全国ドームツアー「ARASHI ANNIVERSARY LIVE TOUR 5×20」の追加32公演がスタートする。
4月中だけで名古屋、東京、福岡で公演を行い、5月は札幌、8月末には大阪へ。10月から12月にかけてもう一度各都市をめぐり、12月25日の東京ドーム公演でフィナーレを飾る。
約9カ月もの長期戦だ。同ツアーは、2018年の公演と合わせると全50公演、総動員数237万5000人の史上最大規模となる。

ここまではすでに発表されているスケジュールだ。しかし記事では、9月にポッカリと空いた空白期間に、20周年記念のハワイ公演が行われるのではないか、と予想している。
2014年の15年ライブを踏襲したもので、現地ハワイでは確定的な報道もよく見かけられているという。同年末には紅白歌合戦やカウントダウンコンサートも控えており、嵐の2019年は、まさにライブ一色となりそうだ。

そして2020年、とうとう嵐はラストイヤーを迎える――しかしこの年には、とびきりの大舞台が用意されている。そう、東京五輪だ。

日本テレビの五輪特番のMCには櫻井翔がほぼ内定しており、嵐は7月24日に行われる東京五輪開会式、そして8月9日の閉会式でも嵐のパフォーマンスが期待されるという。
さらに五輪後の9月には、新国立競技場の「こけら落としライブ」を行う。8万人を収容する箱で初興業を行うにふさわしいのは現状、嵐しかいないだろう。

さらに2020年9月には、またまたハワイで“デビュー21周年ライブ”を行うと推測されている。とりあえず、嵐といえばハワイ、ということでもはや間違いはないようだ。
嵐メンバーにとってはもちろん、その生の姿を目に焼きつけんとするファンにとっても、忙しい日々が続くだろう。

各業界にひっぱりだこで忙しすぎる嵐 過労死さえ危惧される!?

もちろんコンサートばかりではない。各テレビ局は、すでに嵐のスケジュール争奪戦に入っているという。

日本テレビは、2020年の『24時間テレビ』のメインパーソナリティに嵐を迎え入れようと画策中だ。
またTBSは、2013年まで放送されていた『ひみつの嵐ちゃん』を特番で復活させるという目論みがあるという。さらに『学校へ行こう!』(TBS系)『中井正広の金曜日のスマイルたちへ』(同)など
ジャニーズにゆかりのあるバラエティには、嵐のメンバーがゲストにひっぱりだこになる予定という。

とくに2020年下半期から年末にかけては、どの局もこぞって嵐の“見納め”を意識するはず。
フジテレビに至っては、12月に嵐の番組を連日放送する「嵐ウィーク」なる企画が進んでいる、との噂もあるようだ。
ちなみに、現在放送中の嵐のレギュラー番組、『嵐にしやがれ』(日本テレビ系)と『VS嵐』(フジテレビ系)はいずれもギリギリまでひっぱり、2020年12月中旬以降に華々しい最終回を企画しているという。

http://dailynewsonline.jp/article/1685150/?page=2
2019.02.09 06:05 wezzy


続きを読む
posted by まだおっち at 15:56 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

稲垣吾郎、嵐にエール「頑張って欲しい」

1: ひかり ★ 2019/02/09(土) 16:57:26.77 ID:uga6XRW/9.net

 元SMAPの稲垣吾郎(45)が9日、福島・いわき市のスパリゾートハワイアンズで主演映画「半世界」(15日公開、阪本順治監督)の
PRイベントに出席。活動休止を発表した5人組グループ・嵐に「頑張って欲しい」とエールを送った。

 元SMAPのメンバーが嵐について言及するのは初めて。会場を後にする際、嵐について聞かれると「最初はビックリしました」と前置きし、
「5人で決めたことなので、頑張って欲しい。見守って行きたいと思います」と語った。

 自身がハワイアンズのキャンペーン・キャラクターを務めており、同所に「半世界」で着用した衣装などを展示する特設ギャラリーを設置。
稲垣は炭焼き職人を演じているが、ハワイアンズのルーツが炭鉱にあるという意外な接点に感心しながら、外は雪、室内は常時28度に設定された
“半世界”を堪能した。映画について「一映画ファンとしてこういう映画を待ち望んでいた。僕の財産になった」と完成度に自信をのぞかせていた。

 また、出演映画「クソ野郎と美しき世界」で監督を務め、7日に心筋梗塞を発症し緊急手術を受けた園子温監督(57)については
「ビックリしました」と病状を心配していた。

スポーツ報知
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190209-00000124-sph-ent
https://amd.c.yimg.jp/im_siggz8L0jrOqBvG8HFm_2q0wBw---x900-y644-q90-exp3h-pril/amd/20190209-00000124-sph-000-0-view.jpg


続きを読む
posted by まだおっち at 15:54 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする